アクセスカウンタ

Google Page Rank


ABOUT ME

  • 浅草出身、現在、長野県諏訪在住。かみさんと二人で、ほそぼそと暮らしています。

« 支払ノートを作りました。 | トップページ | 寒くてストーブをつけました。 »

2008年5月19日 (月曜日)

風呂でのぼせました。

いつもは、零時過ぎてから風呂に入るから、お湯がかなりぬるくなっていて、長い時間のんびり入っている。

今日は、なぜか、21時頃入りたくなって、かみさんより先に風呂に入った。

念入りに洗って、いつものように湯船にのんびり入っていたら、完全にのぼせてしまった。

くらくらしながらパジャマを着て、くらくらしながら歩いて、テレビの前に寝ころんでのびてしまった。

しかし、俺は、のぼせるのが好きだったような気がする。

高専を卒業して就職するまでは、浅草の実家に住んでいたが、風呂は銭湯だった。

銭湯に行くと、当然金を払うので、思う存分入ろうと思ってしまう貧乏根性。

湯船にも、なるべく長い時間入ろうとする。

上がり湯なんていうものは、お湯の温度が高いので、ひとり我慢大会だ。

そして、自分との戦いだと負けるので、ひとり競争をする。

つまり、ひとりターゲットを決め、あの人よりは早く出るまいと思い、がんばる。

その人が出てしまうと、まだ物足りなければ、他のターゲットに変える。

そうやって3人ぐらいターゲットを次々に変えると、そろそろやばくなってくる。

いいかげんにしようと湯船から出ると、のぼせて、目の前が真っ白になる。

勘を頼りに、自分の風呂道具の所まで歩き、だんだん視界が復帰しながら、脱衣所に到達するのだ。

下着だけつけて飲むコーヒー牛乳の味は、忘れられないな。

これって、のぼせるのが好き・・・とは言えないか。

久しぶりにのぼせたら、そんな事を思い出した。

« 支払ノートを作りました。 | トップページ | 寒くてストーブをつけました。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136516/41260383

この記事へのトラックバック一覧です: 風呂でのぼせました。:

« 支払ノートを作りました。 | トップページ | 寒くてストーブをつけました。 »