アクセスカウンタ

Google Page Rank


ABOUT ME

  • 浅草出身、現在、長野県諏訪在住。かみさんと二人で、ほそぼそと暮らしています。

« 寝ぼけて嘘つき。 | トップページ | 冷たい便座 »

2008年6月16日 (月曜日)

作務衣が欲しい。

俺は、自宅で機械設計の仕事をしている。

仕事場は、二階の自室だ。

天井は、そのまま屋根だ。

つまり、壁紙、木の板、トタン板というわけだ。

この季節ぐらいから、晴れた日は、トタンに日が当って温度が上昇し、部屋の中が暑くなる。

風がある日は良い。

周りは森で、東側と西側の窓を両方開けると、さわやかな風が部屋を通る。

しかし、今日みたいに風が無い日は、暑い。温度計は、30℃を示している。

夏になると、部屋の中はもっと暑くなる。

今年から、自宅で仕事するようになったから、夏は仕事になるのだろうかと、少し心配だ。

標高1000mの気候は、外に出る方が、涼しい。

一昨日、かみさんが、甚平を出してくれた。手触りサラサラの薄い生地の甚平だ。

そでは肘ぐらいまで、ズボンは膝ぐらいまでの長さで、すごしやすい。

その格好で仕事をしている。快適だ。

でも、なんだか、寝間着の延長みたいで、どうも気にいらない。

実際、このまま布団に入って寝ている、従って、起きても着替えてない。

寝間着の延長と感じるのは、そのせいか?!

夕方息子を駅まで迎えに行くとき、このままの恰好で行ってみよう。

車だから、ひと目にはつかないだろうが、この恰好で外に出て恥ずかしくないかどうか、自分の感じを確かめてみたい。

やっぱり、仕事中は、作務衣かなぁと思う。

実は、かなり前から、作務衣が欲しいと思っていた。

日本古来の伝統的な作業着だ。

ぜったい紺色のやつね。

さっき値段を調べてみた。

もちろん、ピンからキリまであるが、安いので、2000円ぐらいだった。

客先が資金繰りが悪いので、なかなか支払いをしてくれない為、うちは金が無い。

かみさんにねだろうかどうか、思案中。

仕事に使うんだからさぁと言えば、必ず買ってくれると思うんだが、どうすっかな?!

« 寝ぼけて嘘つき。 | トップページ | 冷たい便座 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136516/41551073

この記事へのトラックバック一覧です: 作務衣が欲しい。:

« 寝ぼけて嘘つき。 | トップページ | 冷たい便座 »