アクセスカウンタ

Google Page Rank


ABOUT ME

  • 浅草出身、現在、長野県諏訪在住。かみさんと二人で、ほそぼそと暮らしています。

« 社長が家に来ました。 | トップページ | 車を漕いでみました。 »

2008年6月13日 (金曜日)

社長に携帯電話を送りました。

毎日、社長の事を書いていて、なんだか自分でも飽きてきた。

まあ、ここは日記ブログなので、しょうがない。

それに、初めて読んでくれる方の為に、簡単に説明を毎回書いている。

あーだから、飽きるのか。

簡単な説明・・・自宅で機械設計の仕事をしている俺に、二ヶ月間も請求した金をくれない会社の社長、最近請求額の1/4をくれたが、そのあとは、いつになるか、まだわからない。

その社長が、工場長を連れて、昨日うちに来た。

昼前に帰ったが、すぐに社長から電話があって、携帯電話がそこらに無いか?!という要件だった。

家の中を探してみたが無かったので、そう答えた。

夕方になって、かみさんが、外に落ちていた携帯電話を見つけて、俺のところへ持ってきた。

白い携帯電話で、社長が言っていた特徴と同じだが、いちおう持ち主を確認しようと思って、電源を入れた。

すると、電池残量が無く、すぐに電源が切れてしまった。

まあ、しかし、社長の携帯電話だろうと思い、社長のもう一つの携帯電話に電話して、あった事を伝えた。

すぐに送り返してくれと言う。

来週残りの金を持ってくると言って帰って行ったので、

来週来るんでしょ?!その時で良いじゃないですか?!

と探りを入れてみた。しかし、着払いで良いから、送ってほしいと頼まれた。

さては、来週来る気無いなぁ~~と思ったが、まあ、モノが携帯電話だから、無いと本当に困るんだろうとも思い、承諾した。

しかし、郵便局へ行ったら、窓口が既に閉まっていたので、その由と、明日送ることをメールで伝えた。

その返信、お手数おかけしてすみませんが、宜しくお願い致します、馬鹿丁寧なお願い。

携帯電話の中見、けっこうやばいのが入ってるんじゃないかと思い、俄然興味がわいたが、そこはぐっとこらえて、見なかった。

すでに梱包してしまっていたからというのもあるんだが・・・。

今日、昼食を食ってから、郵便局から着払で送った。

充電は俺の物でできたから、やっぱり中身を見ておけば良かったかな?!

後悔、先に立たず。

馬鹿正直に生きています。

« 社長が家に来ました。 | トップページ | 車を漕いでみました。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136516/41518568

この記事へのトラックバック一覧です: 社長に携帯電話を送りました。:

« 社長が家に来ました。 | トップページ | 車を漕いでみました。 »