アクセスカウンタ

Google Page Rank


ABOUT ME

  • 浅草出身、現在、長野県諏訪在住。かみさんと二人で、ほそぼそと暮らしています。

« それが大事 | トップページ | 車の査定をしてもらいました。 »

2008年7月 9日 (水曜日)

心療科に行ってきました。

10時半予約だったけど、30分ぐらい待たされた。

心療科の医師は忙しい。

こんな田舎でも、心を病んでる人はたくさんいるのだ。

いろいろ心配で、夜になると、もやもやした気分になるが、寝る前用の薬が良く効くので眠れてると伝えた。

それで、同じ薬で一ヶ月様子を観る事になった。

医師には俺の事はなんでも話しているので、就職の事とか、家計の事とかも心配してくれた。

「きっと大丈夫ですよっ!」

力づけてくれた。

心療科の医師は、医療担当の他に、良き理解者でもある。

それと、病院のケースワーカーと話す事を勧めてくれて、連絡してくれた。

自立支援医療費(精神通院)支給制度というのがあって、申し込んで認定されると、医療費三割負担が、一割負担で良くなる。

心療科の窓口の前で待っていたら、一青窈に似た女の子が来て、その人がケースワーカーだった。

申込みの書類は、5枚ぐらいあって、その一つ一つ丁寧に説明してくれた。

病院から出してもらう診断書が必要で、それを受け取ったら、早速役場へ提出しよう。

認定に、1~2ヶ月かかるらしいから、早いに越したことは無い。

家に帰ったら昼だった。

昼食のそうめんを食いながら、かみさんが、ロト6をやってみようかと言いだした。

どうも、ロト6を題材にしたドラマがあるらしくて、それで思いついたらしい。

「3億円当たったらさ、ローンなんか全部払っちゃってさ、良い車を買おうよ」

そんな事を言っていた。

俺が車を売る、俺の心痛を、わかってくれていたのだ。

こないだハローワークに行った帰り、宝くじ売り場に寄ろうとしたが、確実性の無いものにすがるものかと思い、寄らなかった。

でも、今日は、かみさんの気持ちがうれしかったので、

「じゃあ、5口、1000円分ぐらいやってみるか」

と言った。

「それでさ、家族みんなで数字を選ぼうよ」

かみさんがにこにこしながら言った。

それも良いなと思った。

さて、車の査定が来るまで、仕事を進めるか。

« それが大事 | トップページ | 車の査定をしてもらいました。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136516/41784663

この記事へのトラックバック一覧です: 心療科に行ってきました。:

« それが大事 | トップページ | 車の査定をしてもらいました。 »