アクセスカウンタ

Google Page Rank


ABOUT ME

  • 浅草出身、現在、長野県諏訪在住。かみさんと二人で、ほそぼそと暮らしています。

« 少し風邪気味かもしれません | トップページ | かみさんが、フライドポテトを作ってくれました。 »

2008年9月11日 (木曜日)

かみさんが、風邪薬を買ってくれました。

「買い物に行きたい」

かみさんが言いだした。

冷蔵庫に食材が無いのを知っていたので、だよねっという感じだ。

現金は無いが、クレジットカードがある。

先月、カードの支払いはできたので、カードは生きている。

最寄のスーパーは、カードで支払いができるので助かる。

二人で出掛けた。

上下ジャージで出掛けてしまったので、俺は車の中で待っていた。

いつもは二人でぷらぷら、買い物をするのだけど。

携帯電話で、YouTubeの稲川純二の怪談を観ていた。

俺も、霊体験がある。

若い頃、金縛りには、しょっちゅうなっていた。

でも、そのようなぼんやりした体験では無い。

はっきりとした霊体験が、2度ある。

それは、かなり引く話なので、ここには書かないけど。

稲川純二は、日本最高の怪談の語り部だ・・・と思う。

以前は、レンタルビデオで観ていたものだ。

今は、YouTubeで手軽に観れるのが、うれしい。

かみさんが買い物を済ませて、車に乗って、薬屋に行けと言う。

カードが使えないと言うと、1000円ぐらいなら持ってると言う。

いざという時の為に持っていたんだそうだ。

俺が風邪をひいた今が、その、いざという時らしい。

掃除するからどけと言ったくせに。

薬屋でも、俺は車の中で待っていた。

かみさんが買ってきた薬を見たら、咳止めの薬だった。

「咳とかは、全然出ないんだけど」

「だって、1000円だと、これしか買えなかったんだもん」

「しょうがねえなあ・・・」

俺も、いざという時の為の隠し金を1000円出した。

「これで、これを返品して、総合感冒薬を買ってきてよ」

夫婦で、お互い、いざという時の為の隠し金を持っていた。

これから、隠し金の探り合いになりそうだ。

今、気が付いたのだが、お釣りをもらってない。

お釣りは、かみさんの、いざという時の為の隠し金になった。

« 少し風邪気味かもしれません | トップページ | かみさんが、フライドポテトを作ってくれました。 »

コメント

ふふふっ、
風邪はお気の毒ですが、
微笑ましいご様子に、つい、笑ってしまいました。
素敵ですね。
お薬飲んで、早く良く成って下さいませ。
お大事になさいませ!!

okaanさん
コメント、ありがとう。
夕食後薬を飲んだら、楽になりました。
今日は、早めに寝ようと思います。
いつも、ありがとう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136516/42444443

この記事へのトラックバック一覧です: かみさんが、風邪薬を買ってくれました。:

« 少し風邪気味かもしれません | トップページ | かみさんが、フライドポテトを作ってくれました。 »