アクセスカウンタ

Google Page Rank


ABOUT ME

  • 浅草出身、現在、長野県諏訪在住。かみさんと二人で、ほそぼそと暮らしています。

« ハローワークで探したら、候補が10社ありました。 | トップページ | 1社、面接が決まりました。 »

2008年9月16日 (火曜日)

ハローワークで、いろいろ聞いてきました。

朝から、ハローワークに行ってきた。

失業認定の日なのだ。

失業状態であるかどうか。

仕事をしたら、それを申告しなければならない。

その分は、失業給付金から引かれる。

申告しないと、給付金を倍返しの上、詐欺罪だ。

それから、就職活動を最低2回したかどうか。

ハローワークに、就職相談をしたか、応募したかどうか

そういう事を承認してもらう。

失業認定は、簡単に済んだ。

一週間以内に、一ヶ月分の失業給付金が支給されるはず。

ありがたいことだ。

俺は、双極性障害と申告してある。

だから、就職困難者という事で、支給の期間が延びた。

普通、3ヶ月なのだが、あと4か月延びた。

「期間が延びたので、今の所、就活を月に2回やらなくて良いんですけどねぇ」

なんて、言われたけど、

「あ~それでも、どんどんやりますけどねぇ~」

って言ったら、笑ってた。

これでも、けっこうあせってるのだ。

こんな生活、嫌なのだ。

その後、就職相談の窓口に回るんだけど、そこから待たされる。

老若男女、たくさんの人が来てるから、順番待ちなのだ。

ハローワークの資料を熟読して終わっても、まだ呼ばれず。

他の人がパソコンで仕事を探してるのを覗き見していて、まだ呼ばれず。

外にタバコを吸いに行って、まだ呼ばれず。

受付の50歳ぐらいかな、綺麗な女性に、しばらく見とれていて、まだ呼ばれず。

自分のミクシーの日記に、携帯電話から落書きしていて、まだ呼ばれず。

よしおの事なんか、うちの嫁は、ひとっつもわかってない・・・

とでも言いたげな年配の女性が、俺を見つめているのに気づき、つい目が合ってしまったにも関わらず、ぞっとしながらも無視していたら、やっと呼ばれた。

結局、2時間近く待たされた。

だが、ハローワークの名誉の為に書いておくが、俺がタバコを吸いに行ってる間に呼ばれて、後回しにされたのかもしれない。

募集項目の「年齢不問」について訊いてみた。

面接の時に担当者が話してくれたのだ。

通達で、仕方無く、「年齢不問」と書いていると。

そして、実際、俺は、年齢が会社に合わないという理由で不採用になった。

「年齢不問」としながらも、会社は、年齢の上限を持っている。

「あ~それですかぁ~」

相談員の方は、苦笑した。

「実際に募集年齢を書けば良いじゃんか」

そういう苦情とか問い合わせは、たくさんあるのだそうだ。

中高年齢者等の雇用の促進に関する特別措置法

昨年10月から施工された法律による通達だそうで、年齢の制限をしてはいけないということで、ハローワークでも、年齢制限がある求職の受付をしない。

年齢の制限をつける場合は、経験不要などの条件をつけなければならない。

ただ、定年の年齢-1年というのは認めているそうで、たしかに、59歳までという募集はよく目につく。

その条件としては、「定年を上限として」と書き添えられている。

その通達を出してから、中高年齢者の雇用が上がったというデータはあるのかを訊いたら、無いと言われた。

「結局、中高年齢者の雇用促進にはなってないんですねぇ~」

今度は、俺が苦笑した。

「それからですねぇ~」

相談員は、続けて言った。

書類選考で不採用になる事が、ずいぶん増えたそうだ。

理由は、「年齢不問」で募集しているので、年齢で受け付けない事ができないから、一応書類だけ郵送させて、あいまいな理由で不採用にしているためだ。

俺も、3社、書類選考だけで、不採用通知が来て、落ちた。

不採用になった理由は、書いて無かった。

履歴書とか職務経歴書とか、一所懸命書いて送って、1週間も2週間も、どきどきして待っていたのに、なんだかバカバカしくなった。

「なるほどねぇ~ふむふむ」

表面上は、感心してる風を装っていたら、相談員の方は、さらに続ける。

男女雇用機会均等法が施工されたのは、ずいぶんと昔だが、それ以来、募集項目に性別を書いてはいけないそうだ。

「でも、男性に適切な仕事とか、女性に適切な仕事とかって、ありますよねぇ~~」

って言われて、そりゃそうだって、今度は、二人で苦笑した。

でも、昨日の「カンブリア宮殿」で、女の子の大工さんが一所懸命仕事してたけどなぁ、とも思うんだけど、どうなんでしょ?!

そんな相談員の方が、一つ提案してくれた。

障害者手帳を持っていると、社員に採用した場合、その会社に助成金が支払われる。

「会社に、双極性障害の事を伝えると、助成金の事も伝えることができますけど、どうします?」

俺は、もともと、自分についての資料に、双極性障害であることを書いて、応募した会社に伝えてきた。

月に一回通院しなければならないので、入社後すぐにばれるし、病気の事を承知の上で受け入れてくれる会社を探している。

そういうふうに相談員に言って、障害者手帳をコピーさせた。

こうなったら、なんでも使ってやる~~ヽ( )`ε´( )ノ

そして、1社、応募した。

家に帰って、パソをオンしたら、落書きしたミクシーにコメントが入っていた。

「ゆっくりね~」 待たされて、じりじりしてたからだ。

「仕事を探しにいったのか?目の保養に行ったのか?」

受付の女性の事を書いたからだ。

笑った。

« ハローワークで探したら、候補が10社ありました。 | トップページ | 1社、面接が決まりました。 »

コメント

みのむしさん、こんばんは~☆
私も何度もハローワークに通いました。
なかなか難しいものですよね・・・・。
ハローワークの斡旋の一環で医療事務のお勉強をして
資格が取れてもそれを生かすこともなく
今はマイペースでできるお仕事を家でしています。
私の友だちで窓口の対応に切れて大声張り上げて
帰った子がいますよ!!
希望に適ったお仕事が見つかるといいですねclover

くまくまchan
コメント、ありがとう。
あせってる求職者と
のんびりムードの職員で
温度差があるかもしれませんねぇ。
ありがとhappy01
あきらめないで、探します。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136516/42494656

この記事へのトラックバック一覧です: ハローワークで、いろいろ聞いてきました。:

» 全国のハローワーク情報 [全国のハローワーク情報]
全国のハローワークの所在地情報やクチコミ情報など、ハローワークに関する情報を提供しています。 [続きを読む]

« ハローワークで探したら、候補が10社ありました。 | トップページ | 1社、面接が決まりました。 »