アクセスカウンタ

Google Page Rank


ABOUT ME

  • 浅草出身、現在、長野県諏訪在住。かみさんと二人で、ほそぼそと暮らしています。

« ニコチン中毒の禁断症状が出ています。 | トップページ | 紅葉探しの散歩で、森を徘徊しました。 »

2008年10月11日 (土曜日)

さらに禁断症状は続きます。

ニコチン中毒の禁断症状は、さらに続いている。

この前の記事に書いた症状に加え、喉の奥に詰まった感じがあり、時々焼けた様な激痛が走る。

また、胸の下の方、脇腹に近い所が、時々びくっとする程の痛みが走る。

首の後ろから背中にかけて、何か圧迫されているような感覚がある。

痛みは全部、体の内部からだ。

なにしろ、相変わらず体じゅうがダルイし、ずっと眠いし、つらい。

俺は失業中で家にいるから良いが、仕事で会社に行ってたら、そりゃあイライラしていただろうと思う。

家にいたって、何をこんな苦しい状態にしてるんだろうって思うもの。

タバコ一本吸えば、この状態から抜けられるのに、イライラする。

健康の為に禁煙する人は、この苦しみをクリヤーして、健康な体を獲得すれば良い。

だが、俺の場合は、失業中で金が無く、タバコを買えないので、つまらん事で禁煙で苦しんでいる。

ほんとは、タバコが大好きなのだ。

俺の人生から、タバコが消えるなんて、有りえなかった。

まったく、つまらん事になったもんだ。

それでも、禁煙は、自分の意思ではある。

タバコ一箱ぐらい買う金は持っているからだ。

どうせ、一箱タバコを買ったって、それを吸っちゃったら、同じ苦しみだ。

だったら、息子にジュースでも買ってやろうと思って、残してる。

簡単に言えば、

「コレ、食べてから、ダイエットしよう~~っと」

の「コレ」を我慢しているのだ。

だから、この禁煙は、一応、俺の意志で、苦しみを享受しているものだ。

ということにしないとね、イライラしていたたまれないの。

こっちも、あっちも痛むから、この曲。

notes The Beatles ”Here, There And Everywhere”

« ニコチン中毒の禁断症状が出ています。 | トップページ | 紅葉探しの散歩で、森を徘徊しました。 »

コメント

みのむしさん、おはようございますclover
禁煙するってことがこんなに苦しいことだとは知りませんでした。
私も「格好いいから~」っていう訳の分からない理由で
18歳くらいのときタバコを何回か吸ったことがありました。
まだ母が生きていましたのでこっぴどく叱られました。
あのとき叱られて…それ以上吸わなくて良かったと思います。
みのむしさん、お辛いと思いますがいけるとこまで行って下さいね!!
身体のために・・・・

くまくまchan
コメント、ありがとう。
それは、お母さんに感謝ですねぇ。
俺も、おかげで吸わなくて良かったと思います。
いけるところまで、願生ります(*^^)v

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136516/42750973

この記事へのトラックバック一覧です: さらに禁断症状は続きます。:

« ニコチン中毒の禁断症状が出ています。 | トップページ | 紅葉探しの散歩で、森を徘徊しました。 »