アクセスカウンタ

Google Page Rank


ABOUT ME

  • 浅草出身、現在、長野県諏訪在住。かみさんと二人で、ほそぼそと暮らしています。

« コタツで、ぬくぬくと仕事をしています。 | トップページ | 二度目の初出社でした。 »

2008年11月20日 (木曜日)

山に雪が、降りかかりました。

昨日の雪は、ちらついた程度だった。

でも、山の上の方は、けっこう降ったようで、白くなっていた。

八ヶ岳に雪が降ると、チョコレートケーキに粉砂糖をふったようだ。

毎年、そう思う。

Fitp1000002

↑(パノラマ写真です。どうぞ、クリックして拡大して観てください)

南アルプスは、奥の方の標高が高い所に降ったようだ。

甲斐駒ケ岳が、雪で白く光っていた。

うちの方から観ると、ダイヤモンドのようだ。

これも、毎年思う。

P1000001

↑(これも、どうぞ、クリックして拡大して観てください)

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。. .。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

午前中、ハローワークに行ってきた。

会社に、採用証明書をもらってあったので、提出しに行った。

簡単に、事務的に処理された。

でも、最後に、

「おめでとうございます」

と言ってくれた。

ほんとにうれしかった。

「ありがとうございました」

心から、お礼を言った。

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。. .。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

notes The Beatles ”Don't Let Me Down”

« コタツで、ぬくぬくと仕事をしています。 | トップページ | 二度目の初出社でした。 »

コメント

ほんとに寒くなりましたね
八ヶ岳のチョコレートケーキ食べたくなっちゃいました
(どうも食いしん坊でスイマセン)
ハローワーク手続きちょっと時間かかったでしょ?
お疲れ様でした。
こたつワークどうですか?
寒いので充分暖かくしてくださいね。

pipiさん
コメント、ありがとう。
八ヶ岳、おいしそうでしょ^^
ハローワークの手続きはですねぇ
待ち時間が長いんですよ。
失業者がたくさん来てますからねぇ。

綺麗ですね。拡大してみましたよ。
私の家の周辺は都会で山など
見えないです。
見えるのは家、家、家。。
そのような山を見ると癒されますね。
(v^ー゜)ヤッタネ!!

八ヶ岳の写真、感動です!
少し日差しがかかっているのでしょうか?
神々しいです。しばらく見とれてましたw
私は海より山派なので、みのむしさんの写真UPは
いつもとても楽しみです。ありがとうございます。
仙台も今日は「軽く」降ったみたいです。
いよいよ出陣ですね。風邪には気をつけて願生りましょ♪
北の方から応援してます!

siohisaさん
コメント、ありがとう。
写真を褒めてくれて、ありがとう。
こういう景色が気に入って越して来たんですよ(^^ゞ

yukiさん
コメント、ありがとう。
応援も、写真を褒めてくれたことも、
うれしいです。
yukiさんも、風邪に気を付けてくださいね^^

みのむしさん、こんばんは~clover
短くても「おめでとうございます」や「ありがとうございます」
って気持ちの良い言葉ですね。。
うちの周りを見渡すと全部が山なのですが
みのむしさんもそうなのですか??
雪が降ると山の表情もかわって来て…
毎日見てても飽きないでしょう。
本当に素晴らしいところにお住まいですね♪

くまくまchan
コメント、ありがとう。
周りは全部山です(*^_^*)
っていうか、山に住んでます^^
そうですねぇ
山は、いつ観ても、毎日観ても、
飽きないですねぇ^^

すご~い こんな素晴らしいところがあるなんて
なんて言ったらいいのか 言葉がありません
みのむしさんが 景色が気に入って来たと言われるのが解ります。
でも真冬はどんよりとしてまわり全部が灰色の世界なのですか?こちらの冬山はほとんどそんな感じですよ。(中国山脈)
美しさもぜんぜん違うような気がします。

しょうちゃん
コメント、ありがとう。
ここらへんは、高原みたいな感じなので、どんよりとはしませんよ^^
景色を褒めてくれて、とてもうれしいです^^

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136516/43171342

この記事へのトラックバック一覧です: 山に雪が、降りかかりました。:

« コタツで、ぬくぬくと仕事をしています。 | トップページ | 二度目の初出社でした。 »