アクセスカウンタ

Google Page Rank


ABOUT ME

  • 浅草出身、現在、長野県諏訪在住。かみさんと二人で、ほそぼそと暮らしています。

« ア・ハード・デイズ・ナイト | トップページ | 甘い物の幸せ。 »

2009年9月20日 (日曜日)

オリオン座とサソリ座と、そして富士山。

今日の農協のアルバイトは6時始まりだったので、4時半に自転車で家を出ました。

まだ真っ暗で、南の空高く、オリオン座が綺麗に見えましたよ。

ここで、ギリシャ神話になぞらえて、オリオン座のお話を。

オリオンは、人並みはずれてたくましいからだと、美しい顔立ちをした猟師でした。 それから、オリオンは人間でしたが、父がポセイドンという海の神でしたので、海の上だろうと、水の中だろうと自由に歩きまわれました。
ある時、オリオンは海を渡ってクレテという島で狩りをしていました。 そこで、月と狩りの女神のアルテミスと出会いました。
アルテミスは、太陽の神アポロンの妹で、とても狩猟がうまい、美しい娘でした。
二人は、一緒に狩りをする事になりました。
何日も二人で狩りをしながら、昼夜一緒に過ごしているうちに、お互いに恋をして、結婚まで考えるようになりました。
ところが、その事が、オリュンポスの山にいる神々に知る所となりました。 神が愛した人間に子供を作ってしまう事は、良くある事でしたが、神が人間と結婚する事は、絶対的に許されていない事でした。 それが、神と人間の結婚ということで、神様たちの間で問題になり、特にアルテミスの兄のアポロンは、なんとか結婚を止めさせようと考えたのです。
ところが、アルテミスは言う事をききません。アルテミスは気が強く、兄の言う事をはねつけていました。
そこで、アポロンは一計を案じ、ある時砂浜にいたオリオンにさそりを投げつけました。 オリオンは、刺されたら大変と、あわてて海の上を走って逃げていきました。そして、黒い点に見えるぐらい遠くに逃げてしまったのです。
そこへ、アルテミスが来ました。
アポロンは、狩りの腕を試してやる。おまえの腕が確かなら、あの遠くの黒い点を、おまえの矢で射抜いてみよ、とアポロンはアルテミスに言います。
アルテミスは、そんな事簡単、と弓を力いっぱい引き絞り、黒い点が愛するオリオンである事を知らずに、黒い点をみごとに矢で射抜いてしまったのです。 どうだ、とアルテミスはアポロンの方に振り返りましたが、アポロンは既に消えてしまっていました。
アルテミスは、オリオンがいなくなったので島を探しまわりましたが、そのうち浜に無残に矢で射抜かれたオリオンを見つけました。そして、胸に突き刺さっている矢がアルテミスのものであったため、初めてアポロンの策略で自分が殺してしまった事に気が付いたのです。
ひどく悲しんだアルテミスは、アポロンを空にほおり投げて、星座にしてあげました。

オリオンが冬の南天にしか現れないのは、夏の南天には自分を刺そうとしたさそりがいるからだという事です。

いかがですかねぇ、ロマンチックな話でしょ。

オリオン座って、こんな星座ですよ。

冬の南の空にあります。

明るい星座なので、都会でも観れるはずです。

Orion_2

ちなみに、さそり座って、こんな星座です。

夏の南の空にあります。

けっこうでかい星座です。

Sasori_2

さて、そんな星座がはっきりと見えるほど、真っ暗なうちに出かけるわけで、街灯がほとんど無い道の事、自転車の、心細いライトを頼りに走るわけです。

そこに、いきなり人が現れると、かなりぎょっとします。

以前、おじいさん、それもかなりのご年配の方でしたが、真っ暗な道を歩いていて、ぎょっとしました。

横を通り過ぎて、よくある怪談だと、老人と思えぬスピードで追いかけてくるわけですが、振り返ったら、普通に歩いていたので、早起きして散歩してるんだなぁと思って、ほっとしたものです。

今日も、真っ暗な道で、前方に人影が見えたので、かなりぎょっとしました。

しかも、道の横にたたずんで、俺をまちぶせしてる?!

と思ったら、三脚にカメラをセットしてる人でした。

よく見たら、懐中電灯を持っていました。

ほっとして通り過ぎました。

カメラを富士山に向けていたので、朝日が当たった富士山を撮影するのでしょう。

朝早くから御苦労さまという感じですが、良い趣味だと思います。

そこは、ちょっとした富士山のビューポイントなんです。

PCを探したら、昨年撮影した、朝日が当たる富士山の写真があったので、アップしておきます。

クリックすると拡大できます、たぶん。

P1000010

そして、今日の帰りに、同じ場所で撮影した富士山。

P1000001

文字通り、雲ひとつない青空、浮かびあがる富士山。

富士山って、ほんとに美しいですねぇ。

ちなみに、右側に見える山々は、南アルプス連峰の端っこです。 

« ア・ハード・デイズ・ナイト | トップページ | 甘い物の幸せ。 »

コメント

オリオンの話をまともに聞きました
なるほど~~

うちは 丘の上にあるせいか
ある程度星が見えます
オリオンは好きでよく見るのですが
さそりはどこか捜した事はありません

ちなみにあたしはさそり座
あんまりいいイメージじゃなくて嫌いですw

富士山 綺麗~~

星座に関するお話は、ロマンチックなお話が多いですね。

私の住む所も田舎です。
不便なところですが、夜の星空はとてもきれいです。
お天気のいい日は、遠くにびわ湖が水平線のように見えます。

この辺りでは星が綺麗に見えません。
羨ましいですね。

富士山は大きく見える場所にいたので仕事の往復で見える時だけロケーションの良い所で一眼レフで撮っていました。

全部残してありますが朝焼けはありません。
夕焼けは沢山あります。
夕焼けも綺麗ですね。

pipiさん、コメント、ありがとう。
さそり座の女なんですね
かっこい~(*^^)v
富士山、きれいでしょ
赤富士って演技が良いらしいんですよねぇ
なんでだろ?

赤いスイートピーさん、コメント、ありがとう。
琵琶湖が見えるんですねぇ。
素敵じゃないですかぁ。

桜光雪さん、コメント、ありがとう。
夕焼けの富士山も綺麗ですよねぇ。
神奈川県の平塚市に住んでいた事があって、
夕焼けに赤く照らされた富士山が大好きでした。

ちなみに、私もさそり座です。笑

富士山をクリックして大きくしてみようとしたら
画面いっぱいに広がったけど
見えるのは富士山の山頂から上
なんで???

アロハさん、コメント、ありがとう。
ブラウザの特性で、大きな写真だから、その一部しか表示できない場合があるんです。
普通は、スライダーが表示されるんだけどね。
拡大した写真を、右クリックして、名前をつけて保存として、保存した写真を観ると、全体を観れますよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136516/46260752

この記事へのトラックバック一覧です: オリオン座とサソリ座と、そして富士山。:

« ア・ハード・デイズ・ナイト | トップページ | 甘い物の幸せ。 »