アクセスカウンタ

Google Page Rank


ABOUT ME

  • 浅草出身、現在、長野県諏訪在住。かみさんと二人で、ほそぼそと暮らしています。

« 少女の思いと、少年時代の郷愁。 | トップページ | メーリングリストを移行します。 »

2009年10月31日 (土曜日)

円楽さんの「芝浜」は最高でした。

三遊亭円楽さんが亡くなりましたね。

好きだったんですよ。

以前は、落語って見る機会が無くてね。

でも、かなり前の事ですが、見る番組が無くて、テレビのチャンネルをぐるぐる回してたら、NHKで落語の番組をやっていてね。

それが、円楽さんの「短命」という噺でした。

色っぽいおかみさんの旦那は、すぐに死ぬ、つまり短命だ。

その秘密は?って噺です。

円楽さんが演じる、いろっぽいおかみさんが良くてねぇ。

噺自体は単純なんですけどね、おもしろくてね。

笑点で知ってましたけど、落語家として、噺家として、ファンになりました。

その後、不思議と、落語の番組に行きあたると円楽さんでね。

「たがや」っていう演題も好きでしたねぇ。

隅田川の花火での情景が目に浮かぶように表現されていて、、おもしろかった。

「芝浜」っていう人情噺もあるんです。

俺、落語を聞きながら、泣きましたもん。

ほんとに残念です。

円楽さん、俺を楽しませてくれて、ありがとう。

ご冥福をお祈り致します。

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

今日で、農協の花の出荷のアルバイト、最終日だと思っていたんですよね。

今月の最初に、一緒に働いている職員が言ってたんですから。

今月いっぱいと考えておいてくれって。

だから、今日じゃんね。

7時半から13時まで仕事をして、事務所で弁当を食ってね。

帰りには、

「お世話になりましたぁ~」

って言おうと思っていたんですけどね。

一緒に働いているアルバイトの、年配の女性が、先に帰ると言うので、

「おつかれ~お元気でぇ~」

って声をかけたら、えっ・・・って顔されてね。

「月曜日、来ないの?次の仕事、決まったの?」

って言われちゃいました。

こっちこそ、えっ・・・なんですけどねぇ。

「次の仕事は探し中だよ~」

なんて言ってさ、ん?ってなっちゃいました。

横に職員がいたので、訊いてみたら、他の職員が、米とか蕎麦の出荷で忙しいので、もう少し手伝ってほしいとの事でした。

それならそうで、言っておいてくれねぇとね、知らねぇで帰るとこだったじゃんね。

ま、でも、俺としては、うれしいんですけどぉ。

「それじゃ、来週、来て良いんですね?」

と職員に念を押したら、良いという返答。

「そおっすかぁ」

と言いながら、ガッツポーズでした。

そういうわけで、もう少し、農協でアルバイトします。

ただし、いつまでかがはっきりしないのが、やるせないですが。

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

家に帰ってから、しばらくしたら、俺の家の見学者が来ました。

不動産業者が引率してです。

俺は、失業期間が長くて、住宅ローンが払えなくて、家を売らなくてはいけない事になってしまったんですよ。

前回は、三組、10人ぐらい来ましたけど、今日は、一組、30代前半ぐらいの若い夫婦でした。

ただ、あまり時間をかけて見なかったから、興味薄いかな。

いろいろ質問されたんで、セールストークしちゃった。

ほんとは、俺の家、売りたくないのにね。

複雑な気分だ。

でもね、考えようによっては、15年住んだ家、思い出がいっぱいの家を手放すのは辛いけど、俺が一所懸命考えて作ってもらった家に住みたいっていう人がいれば、どうぞどうぞ楽しんで住んでくださいって喜びもあります。

セールストークしながら、そんな事を考えていました。

俺は俺で、夢も希望も捨てて無いからねぇ。

また、家を建ててやる、もっと素敵な家をね。

今日の鼻歌は、ビリー・ジョエルの「素顔のままで」。

アルバイトしながら、ふんふん歌ってました。

ビリーの曲では、一番好きなんです。

BILLY JOEL  "Just The Way You Are"

« 少女の思いと、少年時代の郷愁。 | トップページ | メーリングリストを移行します。 »

コメント

円楽さんが無く成ったのは非常に残念です。

円楽さんの、ちょっと照れた笑顔と厚ぼったい唇がもそもそとするところが、長い顔と大きな体なのに、何とも言えない親しみと言うか、少年の様な雰囲気を味わって来ました。

明日の「笑点」は円楽師匠の追悼に関わった放送に成るんじゃないでしょうか?

みのちゃん、仕事が伸びて良かったですね!農業はどんどん高齢化が進んでいるので、みのちゃんの様に若い人が仕事に就かなくては、日本の農業の将来が心配です。頑張って下さい。


合掌です
今年も沢山の人が旅たって逝きましたね
いつか私も逝くのだ
この世は修行の場ですから
(-ω-。`)

tom jerryさん、コメント、ありがとう。
円楽さんの事、同感です。
寂しいです。
農業の将来ですかぁ、そうですねぇ、お年寄りが多いのが現実ですねぇ。ここのところ、農業に就く若い人が増えているそうです。良い傾向ですね。

みゆきママちゃん、コメント、ありがとう。
死は生の次のあるものでは無く、生の一部である。
なんて、誰が言ったんだっけかな。
死というゴールに向かって、良かったなぁって思えるように、精一杯生きよう。

こんばんは~
アルバイト続けられて良かったですね。

円楽師匠は残念でしたね。
落語は聴かないけど、テレビでお顔はよーく存じておりました。
ご冥福をお祈りします。

前のコメントですが、春宮だったかも~
数年前にあの近くで、大雨で土砂崩れがあったんですよね。
あの年の夏現場までトコトコ歩いて見に行きました。

kasaburankaさん、コメント、ありがとう。
はい、いつまでだかわからないけど、アルバイト、良かったです~。
やっぱり春宮でしたかぁ、そうそう、土砂崩れで下諏訪のあたりは大被害でした。
見にいったんですかぁ~(^v^)

みのちゃん、おはよっ!

円楽師匠、笑点でしか見た事がなく
よくは知りませんが
亡くなるということは悲しい事です・・・合掌


お仕事 良かったね(*^^)v
ハッキリしないトコが
確かに不安材料になっちゃうかもしれないけど
明るく元気に笑顔でいこう~♪

笑う角には福来る(#^.^#)

円楽師匠
笑点で紳士的な進行役で好きでした。
落語は・・・見ておけばよかったな。

アルバイト継続よかったね
ほっとしました。

ビリー・ジョエルの「素顔のままで」この曲も好き~~
脳内プレイヤーで 今も流れてますw

私も今時のお笑いよりも落語や狂言のほうが好きですね。
円楽さんの芸風は引き継がれて行くから安心感がありますね。

アルバイト延期で良かったですね。

私は家は大小6軒建てました。二つの市に。
必要に応じて壊したり立て替えたり。

今はむしり取られた家に未練はありません。
今は残された人生を剣道が恋人で心穏やかに過ごせれば。と思っています。

でも、みのむしさんは若いからまたチャンスが有りますよ。
新たに道を見つめて前進!

姫さん、コメント、ありがとう。
そうすねぇ、焦点の司会を23年も勤めていたらしいですねぇ。落語を知らなくても、有名ですよね。
元気に笑顔で、良いですねぇ。笑顔を忘れないようにしないとね。

pipiさん、コメント、ありがとう。
円楽さんの落語、ネットで観れますよ。
脳内プレーヤーって、うまい表現ですねぇ。
鼻歌じゃなくても、頭の中で音楽が流れている事がよくあります。まさに、それですね。
使わせてもらいますよ~(*^_^*)

桜光雪さん、コメント、ありがとう。
円楽は、楽太郎さんが引き継ぐらしいですねぇ。
しかし、そんなに家を建てたのですか。
すごいです。
俺なんか、まだまだですね。
元気付けられました、願生ります。

みのむしさん、わたし小学生の時、上野の鈴本に
父が連れてってくれて、その時、はじめて落語に触れたんですけど、その舞台に円楽さん、歌丸さんらが出ていたんです。今でもその姿が焼きついて離れません。地下鉄上野駅でも切符売り場でお一人の円楽さんとお会いしましたよ。お着物を粋に着てらして、すっとしたたたずまいの円楽さんは、とっても素敵で、色気があって・・・三平さんとは、また違う色気がありましたね。 自転車に水色のももひきを穿いて乗っていた三平さんとよく遭遇しましたよ笑。 色白な三平さんは今のこぶちゃんとは、ちょっと比べ物にならないほどのイロオトコでしたよ笑。話がずれちゃいましたね。 ホント、円楽さん、早くに亡くなっちゃって残念でした。 ご冥福をお祈りいたします。合掌。

てぃあらさん、コメント、ありがとう。
円楽さんの落語を生で観たんですねぇ。
うらやましい体験です。
しかも、先代の林家三平さんとの遭遇。
それも、貴重な体験ですねぇ。
俺も浅草に住んでいた頃、バスに乗ってたら、横の席に、普通に落語家が座っていた事がありましたよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136516/46632785

この記事へのトラックバック一覧です: 円楽さんの「芝浜」は最高でした。:

« 少女の思いと、少年時代の郷愁。 | トップページ | メーリングリストを移行します。 »