アクセスカウンタ

Google Page Rank


ABOUT ME

  • 浅草出身、現在、長野県諏訪在住。かみさんと二人で、ほそぼそと暮らしています。

« ミニーの命日。 | トップページ | かみさんと喧嘩しました。 »

2009年12月 8日 (火曜日)

ジョン・レノンをしのぶ会。

俺は、東京の浅草で生まれました。

小学一年に上がる前に、父の父親、つまり祖父ですが、体の具合が悪くなってきたという事で、父の故郷の福島県の山あいの街へ引っ越しました。

そして、そこに、中学一年生までいたんです。

中学二年で、東京の浅草に戻り、転校しました。

週に一回、学年全員が講堂に集まって集会をするのですが、そこで、挨拶をさせられました。

俺は、その頃、すっかりズーズー弁で言葉が訛っていて、挨拶でも緊張して訛り丸出しで、失笑を買いました。

それ以来、「訛ってる奴」って言われるようになり、あまり相手にされない存在になりました。

それでも、声をかけてくれる友達が何人かいて、この友達を作るチャンスを逃すものかと思いました。

_

声をかけてくれた友達の一人が、ビートルズって知ってるか?と訊くので、知らないと答えると、家に招待してくれました。

そして、ラジカセでビートルズの曲を聴かせてくれました。

俺は、英語の歌は全く興味が無く、百恵ちゃんが好きな少年でしたしねぇ、ビートルズを聴かされても、ピンと来ませんでした。

しかも、既に解散したグループだと教えられて、どうしてそんなものを聴いているのか、意味がわからなかったものです。

でも、その友達と仲良くなりたい一心で、興味があるふりをしたんです。

その後だって、友達と趣味を共有したくて、ラジオからビートルズの曲を録音したり、友達のカセットテープからダビングさせてもらったりしてね。

一所懸命、ビートルズの曲を集めて、一所懸命聴いてね。

友達と曲の感想を言い合って楽しみました。

おかげで、とても仲良しの友達になれました。

そして、いつしか、ビートルズの音楽が好きになって、曲集めを熱心に続け、レコードも買いました。

そして、中学を卒業する頃には、いっちょまえの自称ビートルズファンになっていました。

_

高専に入学してからも、ビートルズ熱は冷めず、その事を家族は知ってるし、クラスでも吹聴し、自他共に認めるビートルズファンになりました。

ビートルズってどうなの?っていう友達がいれば、学校にラジカセを持って行き、曲を聴かせながら熱心に語って、そいつをビートルズファンに引き込んだりしてね。

そうでなくても、ビートルズが好きだって奴は、けっこう周りに多かったですけどね。

ある日、妹が、ジョン・レノンが死んだよって、いきなり俺に言ったんです。

そんなわけないって、妹に怒ったんですけどねぇ。

その後にテレビのニュースを見て、現実だってわかりました。

ジョン・レノンは、ビートルズのリーダー格の人なんですよ。

ビートルズ解散後は、平和運動を熱心にしながら、魂がこもったアルバムを発表していました。

奥さんの小野洋子さんとの間に息子が生まれた事を機会に、活動休止して主夫になったんです。

ジョン・レノンは、叔母さんに育てられて親の愛情を知りませんから、息子には精一杯親の愛情を与えたいと思ったんですかねぇ。

5年後、活動再開し、「ダブル・ファンタジー」っていう素敵なアルバムを発表して、これからという時でした。

俺は悲しかったですねぇ、ほんとに。

ビートルズが再結成されて、生で歌や演奏を聴きたいって思ってましたからね。

それに、常々、何もかもカッコいーと思える、あこがれの存在でしたから。

クラスの中では、熱を出して休む奴までいました。

_

クラスの仲間と、ジョン・レノンをしのぶ会をやろうという事になったんです。

会場は、俺の家の俺の部屋です。

中間試験とか期末試験とかの前になると、俺の部屋にみんなが集まって一緒に勉強していたので、集まりやすかったんです。

6~7人、来たかな。

その頃、つまり1980年ですけど、ビールの樽缶が出た頃で、そそぎ口にアダプターを付けると、ぴよぴよって音がするヤツが、みんなのお気に入りでね。

ラジカセで、ビートルズの曲を流しながら、ビールをがぶがぶ飲んでました。

みんな二十歳になったばかりなんで、飲み方を知らないしねぇ、酔っ払いやすいし、大騒ぎになりました。

空になった樽缶で、頭を殴り合ったりしてね、アルミだから痛くないんだけど、へこんで角ができると、すごく痛いんです。

がしっ、痛えなぁ、おりゃ、がしっ、痛ぇ~ってな感じ。

時には、ラジカセから聞こえる曲に合わせて、みんなで歌ったりね。

こんなにビートルズが好きなんだって、みんなで言い合ったりしてね。

げらげら笑いながら騒いでいたら、「レット・イット・ビー」がなり始めてね。

そしたら、みんな一斉におとなしくなっちゃって、逆にしんみりしちゃって、涙を流し始めるやつがいたりして。

結局、全員泣きながら聴いてました。

「レット・イット・ビー」って、ジョン・レノンの曲じゃないのに、厳粛な感じにやられたな。

曲が終わって、ラジカセをストップして、ジョン・レノンの冥福を祈ろうということで、全員で手を合わせ、会をお開きにしました。

_

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

_

あー懐かしい。

毎年、この時期、思い出す。

あいつら、どうしてるかな?

卒業後は、同窓会で一回会っただけだ。

_

今日は、ジョン・レノンの命日でした。

彼をしのんで、曲を聴きます。

「スターティング・オーバー」

亡くなる前に出したアルバムに収録されていた曲。

ジョンが始まるんだあーって、ワクワクさせてくれた曲。

それから、「イマジン」

想像してごらん、戦争が無い世界を。

それと、「レット・イット・ビー」

落ち込んでたら、聖母マリア様が現れて言いました。

「なすがままに」

つまり、なるようになるよ~って事かな。

_

_

♪ JOHN LENNON  "Starting Over"

_

_
_
♪ JOHN LENNON "IMAGINE"
_
_
_
♪ THE BEATLES  "Let It Be"
_
_
_

ぽちっと、応援クリック、お願いします。
_
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

« ミニーの命日。 | トップページ | かみさんと喧嘩しました。 »

コメント

 みのちゃん
    おはようございます。。

 ジョン レノンの命日だったの
 ですねぇ。

 みのちゃんのブログでビートルズの
 曲も含めて聴かせて頂いています。
 特に「starting over」が好きです。
 何か新しい事が始りそうなワクワク感が
 確かにありますね。

 若い頃の仲間は、純粋な気持ちで
 付き合えるところが良いですね。

 みのちゃん寒くなって来たので
 風邪には気をつけてください。

heart01
おはようございます。
ジョンレノンが亡くなった日なんだね。
ここに来て良かった。
私も好きだからね。ダ~リンはもっと好きで懐かしいかもしれない。帰ってきたら早速教えてあげなきゃ!!
今日レンタルCD返す日だから借りてこようかなぁ~???
るんもこの間24年ぶりの同窓会があったところ。
勇気もらったよ。
今日も笑顔で 自分らしく。
良い日でありますように。。

(◎´∀`)ノ
今日、ジョン・レノンの
命日だったんですね。
TVのスマップの番組に
小野洋子さんがゲスト
で出演していたのを
思い出しました。

イマジン 大好きな曲
教科書にも掲載され、
こよなく、平和を愛した素晴らしい人
洋子さんも素晴らしい
希望だけでなく
行動の人よ永遠なれheart04
レット・イット・ビー
思い出の洋楽の最初に聞いた曲
発心しますね。
ジョン・レノンのしのぶ会
に乾杯beer

ジョン・レノンの命日だったのね。

アタシは滅多に洋楽を聴かないけど
ビートルズやジョン・レノンの
名前や数曲位は知ってます。

その程度です・・・汗

でも
みのちゃんの想う気持ちはよく解りますよ。
支えになったり癒しになったり
勇気や希望になったりと
人生の一部だもんねぇ。

そして
同じ想いの仲間がいるって素敵。。。

離れていてもきっと
みんな それぞれ思い出してると思うな~

読んでて気持ちが伝わってきて
ジーーーーーン
鼻水
ツルーーーーーッ
はぁ~心が痛いね

みのちゃんの ビートルズ熱は そこからだったのね~

私も 百恵ちゃんとか五郎とかのファンでしたから
ビートルズの良さがあんまり・・・

英語わからんし。

でも音楽の先駆者として 偉大な人たちだと思います。
ずっと受け継がれていくと思いますよ。

私が洋楽を聞くきっかけはボビー・ソロでしたけど、ビートルズは彼より先だったんですよね。
でも、ビートルズが来日したのが、確か中学だったのかしら・・日本はGSへとまっしぐらでしたね。
それまではロカビリーとかの時代でしたね。
年代がばれますが(笑)

私は自分の誕生日にいつもジョンを思い出します。
同じ誕生日なので・・(⌒^⌒)bうふっ

ゆーくんままさん、コメント、ありがとう。
言われてるそばから、風邪、ひきました。
紹介している音楽を楽しんでもらえると、俺もうれしいです。ありがとね。

るんちゃん、コメント、ありがとう。
ダーリンに教えましたか?
でも、好きだったら、知ってるんじゃないかな。
ブログ、拝見しました。
しっかり文章を書いていましたね。そういうブログ、好きなんです。

あくびさん、コメント、ありがとう。
イマジンもレット・イット・ビーも知ってるんですね。うれしいです、良かった。
イマジンって、教科書に載ってるんですかぁ、知らなかった、教えてくれて、ありがと。

姫さん、コメント、ありがとう。
みんな思い出してるかな、そうですよね。
少しでも、知ってくれた事、うれしい。
人生の一部、良い表現ですねぇ、それ、もらった(*^^)v

みゆきママちゃん、コメント、ありがとう。
いや、そこまで感激していただいて、うれしい。
ほれ、鼻、かんでくださいよ(^v^)

pipiさん、コメント、ありがとう。
そうそう、ビートルズファンは永遠なのです、受け継がれていくのです。
ところで、この歳のせいか、野口五郎って良かったなって思うようになってきました。私鉄沿線とかね、オレンジのなんとかだっけか、良いんだよねぇ。

kasaburankaさん、コメント、ありがとう。
おもわず、ボビー・ソロを検索して音楽を聴いてしまいました(*^^)v
ビートルズが来日したのは、1966年、俺は6歳でした。ぜーんぜん知らなかったです。
ジョンと同じ誕生日なんですかぁ、なんだか、うらやましい(*^_^*)

ジョン・レノンのチャネリングのを
見ることができ、
(ジョン・レノンの言葉を霊媒師から聞くこと)
ここに訪問して感じたことが
解説されたようで、偶然じゃない感じ^^

「ひとりを大切に、
言葉を並べたてるのではなく、
情熱や心がメッセージを
伝えられる。」

「できるところから、始めてみて」
と、ジョン・レノンの言葉です。

地雷を取り除く人がいるのに、
地雷を生産してるところもあり、
平和はいつも、駆け引きに
引き裂かれ、
ジョン・レノンの死は
熱い平和へのメッセージ

みのちゃん、ありがとうございます。

あくびさん、コメント、ありがとう。
霊媒師というのは、ちと信用できませんが、平和を願う気持ちは同じですね。
こちらこそ、ありがとう。

実は、私の妻の誕生日が、ジョン・レノンの命日なのです。当然、妻の誕生日祝いを息子の嫁と一緒にして、ハッピーバースデーの歌を歌いました。

小野陽子さんに癒されたジョン・レノンの命日と、しょっちゅう私の罵声を浴びている私の妻の誕生日との、微妙な巡り合わせに、何とも言えない気分になりました。

tom jerryさん、コメント、ありがとう。
そうすると、奥さん、若いんですねぇ。あなたも若いのかな。
罵声を浴びせているとの事ですが、優しくもしてあげてくださいね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136516/46967529

この記事へのトラックバック一覧です: ジョン・レノンをしのぶ会。:

« ミニーの命日。 | トップページ | かみさんと喧嘩しました。 »