アクセスカウンタ

Google Page Rank


ABOUT ME

  • 浅草出身、現在、長野県諏訪在住。かみさんと二人で、ほそぼそと暮らしています。

« 息子の思い出を、語ります。 | トップページ | 老いと抵抗。 »

2010年3月17日 (水曜日)

義父の葬儀に、行ってきました。

ちょっと、ブログの更新に間があいた。

義父の葬儀に行っておりました。

義父というのは、つまり、かみさんの父親だ。

_

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

_

俺は、最初の就職は、茅ヶ崎市の会社だった。

神奈川県の茅ヶ崎市だ。

パートのおばちゃんに、かみさんを紹介された。

そして、つきあうようになった。

かみさんの家は、会社のすぐ近くにあった。

だから、しょっちゅう遊びに行っていた。

自分から行っていたわけではない。

呼ばれるのだ。

今考えると、つきあった当初から、婿扱いだった。

そんな気がする。

_

ただ、遊びに行くのは良いが、かまってくれない。

行ったら、

「いらっしゃい」

って、義父も義母も、にこやかに招き入れてくれる。

しかし、その後は、義母とかみさんは、台所に入る。

俺と義父、二人きりにされるわけだ。

これが、かなり気まずい。

しかも、ビールを出されて、

「今日は、泊まっていきなさい」

なんて言われると、覚悟を決めるしかなくなる。

_

義父と話そうにも、話せる話題が乏しかった。

その頃は、俺は20歳台だ。

「ウィンクも、そろそろ限界ですかねぇ」

なんて話題は通じない。

しかも、義父は、NHKしか見ない、お堅い人物だった。

話題は、社会的な事が多かった様な気がする。

でも、義父は、なんとか話せる話題を持ち出してくれた。

なるべく、俺に退屈させないように、気づかってくれた。

すごく優しい人だと感じて、好きになった。

_

義父は、定年退職後、心臓に動脈瘤が発見された。

手術が不可能な場所だった。

通院が、いつしか、往診の治療になった。

家に酸素ボンベが置いてあり、細くて長いホースがある。

義父は、ホースをひきずりながら生活していた。

鼻から、酸素を供給するためだ。

そして、なるべく心臓に負担をかけないようにする。

静かな生活に、気を配っていた。

それは、義母の心遣いが大変なものだった。

_

先週の事だ。

義母が帰ると、義父が、お腹がすいたと言ったそうだ。

ちょうど、いちご大福を持っていたので、渡した。

義母は、犬の散歩に出かけて、30分ほどでもどった。

「ただいま」

と、玄関で言った所、いつもだったら、

「おかえり」

と、答えが返ってくるのに、無かった。

「おとうさん!!」

と、叫びながら、家の中に飛び込んだ。

義父は、ソファーに座ったまま、眠る様に亡くなっていた。

_

実際に、義父の顔を観たが、静かな顔をされていた。

いちご大福の包み紙が、四つ折りにして、捨ててあった。

だから、のどに詰まらせたわけではない。

家でのボンベ生活は、長かった。

一年以上か、二年近くか。

医師の話では、最長記録近くだそうだ。

ボンベ生活をしている時、義父は、言っていたそうだ。

「こんな静かな第二の人生をもらえて、うれしい」

_

告別式が終わった後、最後のお別れの儀式がある。

お棺にふたを閉める前、花を親族で添える。

俺は、

「優しく接してくれて、いろいろな話をしてくれて」

そして、

「ありがとうございました」

と、心の中で念じながら、花を置いた。

告別式までは、あれこれ追われて、気持の余裕が無い。

でも、この時ばかりは、涙を止められなかった。

_

葬儀は、日曜日だったので、月曜日に帰るつもりだった。

しかし、かみさんの弟に引き留められた。

「義母が落ち込みそうなので、もう一日いてほしい」

弟は、義父の優しさを、しっかりと受け継いでいる。

月曜日は、弔問客で、義母は忙しそうだった。

俺たち一家は、ひまだった。

ただ、家に存在してるだけだった。

_

それでも、夜は、ちょっとした騒ぎになった。

息子は、四月に専門学校の入学式を控えている。

そこでは、スーツを着なければならない。

息子は、帰ってから、俺に言うつもりだったらしい。

しかし、それを知った義母は、大張りきりだ。

かみさんの弟のスーツを持ってきて、着せたり脱がせたり。

ネクタイも合わせて、品評会だ。

結局、モスグリーンのスーツに決まった。

義父が、弟に、初めて買ってあげたスーツだそうだ。

スーツが、三代に引き継がれた格好になった。

_

火曜日に、長野県の家に帰った。

電車に、三人で乗って。

そういえば、電車を家族で乗るのは、久しぶりだ。

息子は、今月中に家を出ていく。

もしかしたら、最後の事かもしれない。

俺は、このひと時を楽しんだ。

そして、これも、義父が与えてくれた事かもしれない。

そう思って、

「お義父さん、ありがとう」

と、心の中で念じた。

_

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

_

今日、メンタルクリニックに行ってきた。

だいぶ、落ち着いている、そう報告した。

医師は、俺の様子を診て、納得したようだ。

しかし、前回までの躁状態を考えてか、

「あまり、無理をしないように」

と、言い、また、

「頑張りすぎると、うつの方へ落ちちゃうからね」

と、言った。

躁うつの波については、理解しているつもりだ。

自分は、躁から、うつに向かっている。

しかし、頑張りすぎない、これが難しい。

どの程度が良いのか、わからないのだ。

俺は、失業者であるから、就職活動を頑張りたい。

宅建の勉強も、自分の可能性を広げる為に頑張りたい。

他にも、頑張らなければならない事が、いろいろある。

人それぞれの事らしくて、この件、医師も説明できない。

困った事だ。

せめて、願生る事にするか。

_

願生る、これについては、以前、ブログで説明しました。

左のサイドバー、ブログ内検索できます。

興味がある方は、ご参照ください。

_

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

_

息子は、今日、友達の所へ、泊まりで遊びに行っています。

それぞれ進学したら、なかなか逢えないから。

そういう事らしいです。

「友達の所へ泊まりに行って良い?」

わざわざ、俺に承諾を得に来ました。

かわいいやつだ。

「良いよ、行ってきな」

快諾してやりました。

_

俺の頭の中を流れた音楽を紹介する脳内プレーヤ。

今日は、スティービー・ワンダーの「リボン・イン・ザ・スカイ」です。

北野たけし氏がフランスで受けた賞。

スティービー・ワンダーも受けた事があると知りました。

それで、今日、ずっと、スティービーを聴いていました。

_
♪ STEVIE WONDER  "Ribbon In The Sky"
_
_

ぽちっと、応援クリック、お願いします。
_
ブログランキング・にほんブログ村へ

« 息子の思い出を、語ります。 | トップページ | 老いと抵抗。 »

コメント

大変でしたね
ご愁傷さまです
人の人生は様々
義父上はきっと幸せでしたよ
静かに眠りに付いたのですから
ご冥福を祈ります。

奥さまの優しさは ご両親譲りだったんですね。
暖かい 雰囲気が伝わってきます。

若い人の モスグリーンは 爽やかです
きっと息子さん似合ってただろうな。

奥様の優しさは親譲りですね。
義父様のご冥福をお祈りします。

モスグリーンのスーツ。
素敵ですね。
私の好きな色の一つです。

こんばんは。
お義父さま、静かなお顔をされていたとのこと。
この一言でホッとしました。
心からご冥福をお祈り申し上げます。
お義母さま、きっと心の奥の奥で悲しみが渦巻いていらっしゃると思います。
どうぞ、辛い気持ちを中に閉じ込めておかないでいただきたいと思っています。
奥さまも大きな悲しみを感じていらっしゃると思います。
でも、みのちゃんがそばにいらっしゃるからきっと大丈夫でしょう。
みのちゃんも辛いでしょうが、よろしくお願いします。

みのさん、お疲れさまでした。

近親者の不幸は、辛いものですね。自分は、30代で父親と祖母の喪主をしました。今でも疲れたのを思い出します。父親と祖母には、嫁さんを合わせる事ができなかった事を後悔しています。祖母が亡くなってから、嫁さんに出会い、祖母の一周忌前に結婚しました。

それから、体調、以前より、いいみたいですね。安心しました。宅建と就活、プレッシャーにならない程度に頑張ってください。

みのさんは、優しいから息子さんが旅立つ時に、泣くと思います。

義父上さまのご冥福をお祈り申し上げます。
義母上さまもさぞ驚かれたでしょうね。

3年前、父もそうでした。
母が病院へ行って帰ってきたら仰向けになっていたそうです。
ほんの1時間ほど、出かけるときには元気で見送ってくれて、外のガス工事の人と立ち話したりしてたそうです。
母は長いこと現実を受け入れない様子でした。

義母上さまもこれからが淋しさが募ってくる頃でしょう。
離れているから奥さまも心配でしょうね。

みのちゃんは 良い人に囲まれていますね、
とても羨ましく思いました(^_^)

みのちゃん子供さんが居なくなったら
たまに思い出して泣いちゃいそうですねぇ(*^_^*)

 みのちゃん こんにちは^^

 お悔やみ申し上げます。
 お義父様のご冥福を
 お祈りいたします。

 お疲れ様でしたね。
 お疲れは取れましたか。

 息子さんスーツを着られると
 一変に大人びて見えるのでは^^

 STEVIE WONDER "Ribbon In The Sky"

 とてもロマンチックな曲ですね♡
 「空にリボン」虹がかかっているのを
 想像しました。
 今日も素敵な曲をありがとうございます(*^^)v

みゆきママちゃん、コメント、ありがとう。
そうなんです。
眠る様に、苦しむ事無く、亡くなったので、
良い亡くなり方だったねと、みんなで言っていました。

pipiさん、コメント、ありがとう。
モスグリーンのスーツ、息子に、なかなか似合ってました。そうですねぇ、爽やかって表現、ぴったりです。

桜光雪さん、コメント、ありがとう。
モスグリーン、この色、俺も好きになりましたよ。

sakura-sunsunさん、コメント、ありがとう。
義母さん、気丈に明るくふるまっていましたが、ふと、辛いという事を漏らしていました。
おっしゃるとおり、悲しみが渦巻いているのでしょうね。
かみさんも同様かと思います。

なりけんさん、コメント、ありがとう。
やっぱり、泣くと思いますか(^_^;)
同感です(*^_^*)
体調は、なんとか持ち直しました。
そうですねぇ、プレッシャーにならないようにね、ありがとう、がんばります。

kasaburankaさん、コメント、ありがとう。
お母さん、驚かれたでしょうねぇ、察します。
義父の場合は、いつ亡くなってもおかしくない状態でしたので、義母としては、とうとうこの時がきたか、そういう感じだったそうです。
でも、いずれにしても、突然の、知らぬ間の死、ショックで悲しい事ですね。

ワカメパパさん、コメント、ありがとう。
やっぱり泣くと思いますかぁ(^_^;)
同感です(*^_^*)
縁なんですかねぇ、周りに良い方がいてくれます。
でも、ワカメパパさんだって、同じじゃないんですかぁ(*^^)v

キララさん、コメント、ありがとう。
疲れは、なかなか取れないですねぇ。
心身共に疲れましたからね。
息子のスーツ姿は、初めて見ましたが、親のひいき目があるとはいえ、なかなか大人びて、頼もしく、かっこよかったです。
素敵な曲ですよね、スティービーの曲は、良いですよ。

お義父のご冥福を心からお祈りいたします。
安らかに眠られたのも、お義父様のお人柄と思います。奥様も別れの辛さは、本当にいかばかりかと拝察いたします。義妹が亡くなったとき、苦しむ様子もなく、あっけなかったです。今年で3回忌ですが、同居で、病弱のためほとんど、ベッドの上の生活でした。今も、いつもの生活に思うんです。不思議です。
みのちゃん、お体を大切にしてください。
息子さんの成長した立派な姿が感じます。
みのちゃんのやさしさが、家族を守ってると思います。スティービーワンダーの曲は本当に和みますね。
合掌

あくびさん、コメント、ありがとう。
義父は、ほんとに、人柄が良いかたでした。
死に方にも反映するんでしょうねぇ。
俺の体の心配をしてくれて、ありがとう。
あくびさんもね。

心より
ご冥福をお祈り申し上げます。。。

姫さん
ありがとうございます。

みのちゃん、
心よりお悔やみ申し上げます

優しい義父さまだったんだね
義父さまの優しさを思い出しながら
これからも、もっと
願生らなくっちゃね
ファイト~~~~~

アロハさん、コメント、ありがとう。
そうだね
願生らなくっちゃね(*^^)v

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136516/47835037

この記事へのトラックバック一覧です: 義父の葬儀に、行ってきました。:

« 息子の思い出を、語ります。 | トップページ | 老いと抵抗。 »