アクセスカウンタ

Google Page Rank


ABOUT ME

  • 浅草出身、現在、長野県諏訪在住。かみさんと二人で、ほそぼそと暮らしています。

« おちつきました。 | トップページ | アパートでの暮らしぶりです。 »

2010年11月23日 (火曜日)

アパートの住み心地と、引っ越しの顛末。

移り住んだアパートは、南西向きだ。

晴れていると、朝日が部屋に差し込む。

夕方近くまで、陽が差し込むので、ぽかぽかと暖かい。

これは、木々に囲まれた、前の家には無かった事だ。

窓からは、右方に南アルプス連峰が眺められる。

いろいろなアパートを見て回ったが、ここに決めた理由の一つだ。

アパートの前は、小さな公園だ。

こういう公園、ベランダから撮影した。

_

P1000014

_

左のほうに公衆便所が見えるが、滑り台やブランコだってある。

_

P1000013

_

この公園の周りに、駅のロータリーみたいに道がある。

道の向こうは、降りる方向の斜面に、大きな墓地になっている。

このアパートがある場所自体、高台になっている。

従って、公園の反対側にも建物は無い。

つまり、間近に建物が無い。

これも、このアパートに決めた理由の一つだ。

引っ越してから、公園の向こうへ行ってみた。

歩いて、20m弱ぐらいだ。

そして、素晴らしい眺望に驚いた。

アパートを探していた時には気づかなかった事だ。

正面に、富士山が小さく見える。

これが、肉眼だと見えるのだが、写真だと目立たない。

だから、ちょっと、しるしをつけた。

クリックすると拡大できるので、探してみてください。

_

P1000007_2

_

左に目を移すと、八ヶ岳連峰が見える。

_

P1000001

_

そして、右に方は、南アルプス連峰が見える。

_

P1000008

_

これらを、パノラマ写真に加工してみた。

太陽光の加減で、右のほうが、少し変になった。

これも、クリックすると拡大するので、見てみてください。

_

Fitp1000002_2

_

アパートは、二階に一番端っこだ。

洋室と和室、どちらも六畳だ。

洋室は、俺のものと、でかい洋箪笥でいっぱいになった。

和室には、引出しの箪笥とか、テレビとか、その関係の物とか。

かみさんの机も和室に置いた。

俺は、息子が使っていた机を使うから、捨てようと思っていたのだが。

かみさんが、小学生の時から使っていた物だから、捨ててほしくないと懇願されて持ってきた。

ちなみに、息子は、新聞奨学生で、住み込みで新聞配達をしながら、専門学校へ通っている。

電気こたつも和室だ。

夜11時になると、そろそろ布団を敷こうという事になる。

すると、俺は、おもむろにこたつを片づける。

そして、かみさんが、布団を敷く。

この作業は、このアパートに移ってきて、初めての事だ。

今までは、必ず寝室が別にあった。

どうでも寝るんだという覚悟を決めるような、なんだか新鮮な気分に、毎日なる。

_

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

_

11月11日に引っ越したのだが、その前日。

引っ越し業者がくれた段ボール箱50箱、全部使った。

それでも足りなくて、10箱ぐらい、家にあったものを使った。

窓際に、その段ボールはこの山。

テレビの配線をはずしてしまったし、パソコンも梱包してしまった。

ラジオは無いので、つまりは音が無い空間。

夜、その中で、かみさんとこたつに入っていた。

何を話したかは、よく覚えていない。

ただ、話し声が、空虚に部屋に響いたのは覚えているので、何かは話していた。

一つだけ、覚えている。

かみさんが言った。

「この家、何年住んだっけ?」

「16年ぐらいじゃないかな」

俺は答えたが、聞いてか聞かずか、かみさんは何か考えていて、

「17年だ、17年だね」

かみさんの方が、よく覚えている。

ちょっと感心した。

_

引っ越し当日、引っ越し業者を待っている時、この家を競売で落札した不動産業者から電話があった。

先月の事だが、落札したので11月中に家を土地を明け渡せという手紙が来た。

引き渡し方がわからないので、すぐさま電話をした。

社長がいないので、帰ったら折り返し電話するという事なので、こちらの電話番号を教えておいた。

でも、前々電話がかかってこなくて、面倒だからほっといていた。

不動産業者が言うには、

「明日、家を見に行きたいんだけど」

引っ越し当日にかけてきて、また家にもどるのは嫌だったので、拒否した。

「じゃあ、鍵をあけておいて、鍵をどこかに置いておいてくれれば良いです」

これには、快諾した。

「家の中に、何か残っているものはある?」

と、きかれてしまった。

実は、大きい家具や、不用品やがらくたが、かなり家に残っている。

処分しようとは思ったのだが、不要な本を引き取らせただけで、3000円取られたので、ビビったのだ。

正直に言った。

「けっこう、持っていけなくて、残っちゃってるんですけど」

そしたら、

「あー良いよ良いよ、こっちで処分するから」

優しい不動産業者なのか、競売物件とはそういうものなのか、よくわからんが、良かった。

ついでにきいてみた。

「家と土地の権利書を持ってるんですけど、どうします?」

渡さなければならないと思っていたのだ。

「それはね、効力を失ってるから、要らない」

なるほどという感じだった。

裁判所に差し押さえられた時点で、権利が無くなっていたわけだ。

_

引っ越し業者は、9時頃来た。

礼儀正しさといい、傷つけないようにする養生といい、重い物を持つ根性といい、大きな家具を扱う手際といい、すばらしい。

特に、物を持っていない時の移動は、常に走っている。

さすがは、引っ越しのサカイだと感心した。

4tトラックに積み込み終わって、彼らが出発した後、かみさんと一緒に俺ん家を一周した。

井戸水だったので、バルブを開いて水を落とした。

和室の窓を見て、

「この窓は、ほとんど開けなかったね」

なんて言いながら。

庭に来た時、石を三つ拾った。

黒い柴犬のミニー、猫のシー太、マルチーズのモアが、庭の隅に眠っている。

一週間前、掘って骨を持っていくわけにはいかないので、それぞれに石を置いた。

連れていきたいから、石に移ってくれと、かみさんと一緒に手を合わせた。

拾った石をかばんに入れて、俺ん家の玄関の前に立った。

「今まで、長い間、ありがとう」

俺ん家に、頭を下げた。

頭を上げて、俺ん家を、あらためて眺めたら、鼻の上の方がツンとした。

_

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.
_
THE BEATLES  " I'll Be Back "
_
_
ぽちっと、応援クリック、お願いします。
_
ブログランキング・にほんブログ村へ

« おちつきました。 | トップページ | アパートでの暮らしぶりです。 »

コメント

引越しすんで落ち着けたみたいで良かったです
ぼちぼち奥さんと歩いていってね!!
願生って!! 

あ、住所教えてね
珈琲豆送るから…

ミニーちゃん、シー太ちゃん、モアちゃんも一緒にお引っ越し
その優しさに感激しました。

目の前に公園があるっていいですね〜
のんびり公園で日向ぼっこしたいね〜

富士山や八ヶ岳が見守ってくれますね。


   ☆

色々大変な分、素敵なパノラマの住まい。
何か良い事が起きそうな。

また更新を楽しみにしています。

こんばんは。
ご無沙汰しています。
いつも読み逃げばかりでごめんなさい。

落ち着かれたんですね。
素敵な風景が広がる住まい。
奥様と二人、新しい歴史を刻んでいってください。

眺望の良いところに移られてよかったですね。

がんばりたくてもがんばれない双極2型の私ですので、がんばってくださいとは言えないですが、リスタートの前途に幸あれと申し上げさせていただきます。

私のほうは、ウツ悪化、躁も出てしまい、苦しい日々です。明日の来客の売り込みがしつこくて、この2ヶ月最大のストレスになってます。

暗い話ですいません。しつこいセールスごときでウツになるなんて、弱いオヤジでした。

三つの石のお話、泣けました。
これからもずっと三匹と一緒ですね。

それにしても新しいお住まい、素敵な環境ですね。
生活も便利そうですし。物件見つけるの上手!

新たな生活、良いことがいっぱいありますように・・

>>みんな巣立って行ったから、俺とかみさんは巣から離れて、新しい巣に移る。

新しい巣の住み心地はいかがですか?
周辺の環境はとてもよさそうですね。みのちゃんのこだわりが感じられます。

しかし今回の選曲が"I'll be back"なのは意味深ですね。

これからは陽が入る美しい心でいられる人生が待ってるよ(*^^*ゞ

アロハさん、コメント、ありがとう。
あの美味しいコーヒーを送ってくれるんですか。
すごく楽しみです。
住所は、メールで送りますね。

nicoさん、コメント、ありがとう。
どうしても連れて行きたいと思って、
三つの石は、苦肉の策でした。
でも、やって良かったと思っています。
公園で日向ぼっこ、良いですねぇ。
暖かい日にやってみますよ。

桜光雪さん、コメント、ありがとう。
良い事が起きそうな感じがしましたか。
うれしいです。
起きると良いなぁと思います。

ゆうきさん、コメント、ありがとう。
読み逃げはお互い様でした。
こちらこそ、ごめんなさい。
新しい歴史が、良いものになるように、
願生ります。

はる_をやぢさん、コメント、ありがとう。
俺は、頑張るを願生るとして使っています。
頑張るは、片意地を張るとか、自分の能力の限界、またはそれ以上の力を出そうという意味に取られますが、願生る、とか、願生れ、とかは、生きていこうと願うとか、生きてくださいと願うという意味があります。
ハワイ在住の仏教の僧侶の奥さんに教えてもらいました。単なる当て字と言ってはそれまでですが、俺は重宝に使っています。
なにやら大変そうですね。弱いんじゃありませんよ。あなたは、精一杯やってるんだと思います。

まりっちさん、コメント、ありがとう。
三つの石は、仏様のお札の前に並べて置いてあります。毎日、手を合わせているんですよ。
これで、俺もかみさんも、動物たちも、寂しくありません。
良い事があるように、願生っていきたいと思います。

なろーさん、コメント、ありがとう。
新しい巣の住み心地は、なかなか良いですよ。
俺のこだわり、わかってくれたようですね。
うれしいです。
選曲にも気づいていただいて・・・。
ブログを書き終わった後、このままで終わってたまるかって思ってしまって、この選曲になりました。

みゆきママちゃん、コメント、ありがとう。
美しい心でいられる人生
そうありたいものだと、ほんとに思います。

八ヶ岳がきれい。やっぱり山を見ながら育った俺から見ても、こういう場所に住むほうが落ち着きます
新居での生活、楽しい物になるといいですね・・・

タ~さん、コメント、ありがとう。
この、山の眺望は、おまけにしては、大きい喜びを与えてくれましたよ。
新居の生活は、なんとなく、楽しいですよ。

挫けず、いじけず前進
今年は、みのさんと同じ状況の人が沢山いました・・・
泣いても笑っても太陽は昇る
そして昨日も思い出になるんだね。

みゆきママちゃん、コメント、ありがとう。
そう
俺は悪い状況だけど、他にも沢山いるんだと思っています。
もしかしたら、俺なんか、その中では良い方かもしれません。
なんて、悲観的にならないようにしています。

みのちゃん、本当に家族思いのやさしさ溢れるのに、じわ~んと涙が・・・

絶対、みのちゃん、世の中の救世主です♪
応援してます♪

いつも温か~い温もりに感謝です♪
○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136516/50109463

この記事へのトラックバック一覧です: アパートの住み心地と、引っ越しの顛末。:

« おちつきました。 | トップページ | アパートでの暮らしぶりです。 »