アクセスカウンタ

Google Page Rank


ABOUT ME

  • 浅草出身、現在、長野県諏訪在住。かみさんと二人で、ほそぼそと暮らしています。

« 八ヶ岳に雪がかぶって、きれいです。 | トップページ | 久々に、みのむしのイラストを、描きました。 »

2011年12月15日 (木曜日)

オカリナの練習を、始めました。

俺の親父は、2001年、平成13年で、肺がんの長い闘病生活を経て亡くなった。

ほぼ小学校卒業のような学歴で、多くの職業を転々と変えながら、俺を含めて子供3人を育ててくれた。

感謝に絶えない。

親父の故郷は、福島県の片田舎だ。

何の理由か、貧乏だったからか、あこがれか、中学を卒業するかしないかの時期に上京する。

その前も、学校に行きながら、土方の仕事をしていたというから、恐れ入る。

上京して、東京で、どんな仕事をしていたのか、俺が知っているのは、浅草での、人力車の車夫と料亭付きの運転手だ。

人力車は、今でも、浅草で走っていて、なかなか好評な様だが、観光客が対象だ。

だが、親父の人力車は、舞子さんや芸者さんを乗せる商売だった。

当時、浅草には料亭がたくさんあって、芸者さんもたくさんいたのだ。

その人力車の事務所が、おふくろが働いていた寿司屋の向かいにあった。

ちなみに、寿司屋の経営者は、おふくろの長兄である。

ある日、寿司屋に、柄の悪い人達が現れ、暴れ始めた。

それに気付いた親父が、寿司屋に乗り込み、二~三発殴って追い出したそうだ。

小学生の時から土方で鍛えた体だ、腕っ節が強かったわけだ。

そこで、寿司屋の従業員の女性が、親父に惚れちゃって、ラブレターを書いて、渡してくれとおふくろに託す。

おふくろが、その手紙を持って、向かいの人力車の事務所へ行き、渡そうとしたら、

「俺は、あんたが良い」

と、親父が言った。

それで、つきあいがはじまり、結婚したわけだ。

その後の、料亭付きの運転手になった理由は、想像するに、人力車だと、家族を食わせるに足る収入が得られなかったからだと思う。

料亭に来るような人は、たいてい、黒塗りのぴっかぴかの高そうな車に、専用の運転手に運転させて来る。

浅草の裏、浅草寺裏と呼ばれる場所、つまり、浅草寺の、雷門の反対側だ、そこに料亭がたくさんあり、夜になると、細い道に、黒塗りの車がいっぱい停まっていた。

当時、コイン駐車場なんて無いからね。

しかも、駐車違反にならないように、運転手は、車の中で待機だ。

親父の仕事、料亭付きの運転手というのは、自分の車で来なかった人を、家まで送るという事だったと想像する。

チップとかもらっただろうし、おいしい仕事だったに違いない。

_

親父は、よく、ハーモニカとギターを演奏していた。

特に、ハーモニカは大事にしていて、よく磨いてたっけ。

古い歌謡曲が得意で、二段穴のハーモニカで、和音で伴奏を入れながら、器用にメロディを吹いていた。

子供心にも、たいしたものだなあと感心していた覚えがある。

そのハーモニカは、親父が亡くなって、形見として、俺がもらった。

たまに、吹いてみるのだが、ぷーとしか鳴らない。

どうやって、和音とメロディを吹き分けるんだか。

今度、ネットで調べて、研究してみようと思う。

しかし、このハーモニカ、なんもわからず上京した若いころ、寂しさもあり、心細さもありで、ハーモニカを練習する事で、それらを紛らわせていたのではないかという気がする。

楽器を鳴らしている時って、夢中になれるからね。

このハーモニカに触れていると、若いころの親父に触れているような気がする。

_

P1000007_2
_

浅草の家には、ギターが4本ぐらいあった。

クラシックギターとアコースティックギター3本だ。

ギターのハードケースまで一つあった。

どうして、そんなにあったかというと、親父が拾ってきたのだ。

親父は、早起きして、自転車で走り回るのが日課だった。

そうすると、ゴミ捨て場に、良いものが捨ててあるって言ってた。

「金持ちが多いんだろうな」

なんて、笑ってた。

親父は、ギターもうまかった。

古い歌謡曲のメロディを、時々和音を織り交ぜながら、弾いた。

俺は、アコースティックギターを1本、もらった。

中学生の頃から、ビートルズに夢中になっていたから、エアチェックした音楽を聴きながら、また、楽譜本を買ってきて、ギターでコピーしていた。

ほかにも、ローリングストーンズやボストンやレッドチェッペリンやRCサクセションやその他をコピーして、遊んでいた。

高専の時、友達に、バンドに誘われた。

ギターを弾いてくれと言う。

しかし、その頃、少林寺拳法部に所属していて、忙しくて、やむなく断った。

あの時、バンドに加わっていれば、女性関係で、バラ色の青春を過ごせただろうに。

後悔先に立たず、である。

まあ、少林寺拳法をやっていたことに関しては、全然後悔していなく、良かったと思っているのだが。

ギターは、親父が亡くなってから、俺の所へ来た。

1本は、壊れたから捨てたという事で、俺の家にあるのは、クラシックギターとアコースティックギター2本である。

_

P1000006

_

そういうわけで、俺に、楽器を演奏する楽しさを教えてくれたのは、親父なのだ。

ついこないだ、テレビで、オカリナを演奏する人を見かけた。

そういや俺も持ってたなあと思い出し、探したらあった。

_

P1000002
_

どのぐらい前の事だろうか、オカリナの素朴な音色に惚れ込み、また、こいつで「コンドルが飛んでく」を吹いてみたくて、買ったのだった。

買って、早速吹いてみたのだが、リコーダーの感覚で穴をふさぐと、どうも音が違う。

穴が多いしね。

それで、わけがわからなくて、ほっぽっちゃった。

ここで見つけたからには何かの縁、今度はちゃんと練習してみようという気になった。

それで、まず、穴のふさぎ方をネットで調べた。

一番親切でわかりやすいのは、「オカリーナほうむぺえじ」というサイトだった。

音に従って穴をふさぐ事を運指というが、その運指表があり、プリントアウトした。

音ごとに図解がなされていて、とてもわかりやすい。

_

P1000003
_

これによると、オカリナには、C管とF管があり、C管が出せる音は、低いラから高いファだ。

F管は、低いレから高いシのフラットまでだ。

俺のオカリナは、端っこにFと書いてあるので、どうやらF管らしい。

とにかく、一つ一つの音に対して、穴のふさぎ方を確かめながら、吹いてみて、音を確かめた。

二つの指を、一本の指でふさがなければならなかったり、高い音ほど息を強く吹きこまなければならないが、その加減が難しかったりして、なかなか難儀なものだ。

その練習をある程度やってみて、一曲吹いてみようかと思い、ビートルズの「In My Life」を吹いてみた。

そしたら、かなりたどたどしかったが、吹けてしまった。

こりゃ幸先良い。

このまま毎日練習する意欲が出てきた。

満足できる出来になるように、せめて、親父のハーモニカなみに。

_

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

_

ここでは、おまけとして、俺が大好きなビートルズの曲を貼っています。

ビートルズの多くの曲は、多くのアーティストがカバーして発表しています。

そこで、カバー曲とオリジナルを合わせて貼る事にしています。

このカバー曲を探すのが、俺にとって、とても楽しい作業なんです。

今日も、良いのを見つけました。

本文中にも登場した「In My Life」は、ジョン・レノンの詩的な世界とせつないメロディで、大好きな曲の一曲です。

そのカバー曲を探していて行きあたったのが、ジョニー・キャッシュです。

何も知らずに歌を聴き始め、声は野太いし、少し音痴なオヤジだなあぐらいに思ってましたが、聴いて行くうちに、非常に趣深く、聴き惚れてしまいました。

何者だろうと、ウィキペディアで調べたら、アメリカ、カントリー・ロックの大御所でした。

2003年に亡くなっていますが、すごい功績を残した人でした。

_

JOHNNY CASH   " In My Life "

_

THE BEATLES   " In My Life "

_

ぽちっと、応援クリック、お願いします。

_

ブログランキング・にほんブログ村へ

_

« 八ヶ岳に雪がかぶって、きれいです。 | トップページ | 久々に、みのむしのイラストを、描きました。 »

コメント

みのさん
今晩は
強くて優しい、いいお父さんですね。そしてとてもいいはなしですね。
みのさんの綴る優しい物語がすべてvisualizeされ、みのさんとお父さんが過ごされたその時をまるで俯瞰しているかのような錯覚すら覚えます。

エンリコさん、コメント、ありがとう。
実際は、酒飲みで嫌った時期があるんですけどねえ。
亡くなった今、父親像を美化してしまいます。

みのさん、ジョニー・キャッシュ、なかなかですね。この曲、じさまの歌だわ、と気がついた。

ビートルズがこれを歌ったのはすごく若いときです。でも歌詞をよく聞くと人生を達観している老人のような歌。愛する人たちの何人かは故人、というのは老人だけに起こることではないにしても。

昔から好きな曲でしたが、歌詞にそんなに注意をはらってなかったのも事実。歌詞をよく頭にいれて、みのさんのオカリナを楽しみたいので、練習がんばってくださいねー (゚ー゚)ノ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136516/53489403

この記事へのトラックバック一覧です: オカリナの練習を、始めました。:

« 八ヶ岳に雪がかぶって、きれいです。 | トップページ | 久々に、みのむしのイラストを、描きました。 »