アクセスカウンタ

Google Page Rank


ABOUT ME

  • 浅草出身、現在、長野県諏訪在住。かみさんと二人で、ほそぼそと暮らしています。

« 俺は、ラピッド・サイクラー、今日は、うつで、だめです。 | トップページ | 今日は、調子良い感じで、ちょっとご機嫌です。 »

2012年1月27日 (金曜日)

俺を殺そうとする、俺の中の二人を、殺す術はありませんか。

初めて読んでくれた人の為に、毎回説明するようにしている。

俺は、双極性障害(躁うつ病)だ。

それは、躁病とうつ病が、一定期間で入れ替わる病気だ。

その期間は、人に寄って違う。

数か月の人がいれば、数年の人もいる。

躁病の方に悪くなる事を、上がると表現する。

うつ病の方に悪くなる事を、下がるとか落ちると表現する。

俺は、先日の受診で、ラピッド・サイクラーだと診断された。

もう4年近く通っているメンタルヘルスで、初めて言われた。

最初は、うつ病だった。

何カ月も経って、躁病に変わり、双極性障害となった。

会社に迷惑をかけるので、ひきとめられたが、辞めた。

メンタルヘルスの治療方針は、軽い躁状態に抑える事だった。

上がらなければ、下がらないという理屈だと思う。

最近までは、それでうまくいっていた。

だが、1か月、もう少し前か、上がった。

空を飛べると思った。

だが、アパートの二階のベランダでは低いと思っていた。

10分ほど自転車で走ると、谷を渡る、今は使って無いJRの鉄橋がある。

そこから飛ぼうと計画していた。

高さは、数十mある、飛ぶには充分だ。

しかし、その前に、メンタルヘルスの受診があった。

俺は、医師に、飛べる事を伝えた。

医師は、俺がいなくなると寂しいから飛ばないでくれと懇願した。

俺は、北の国へ飛んで行って、俺の気を発射して、軍事力を壊滅するつもりだ。

そう言った。

医師は、そんな事しなくて良いからと、俺を諭した。

躁病を抑える薬は、強くなった。

それで、しばらく落ち着いたが、今度は、落ちた。

実家の母や、かみさんや、東京にいる息子がいなければ、死ねるのに。

そう思った。

俺が死ねば、彼らが悲しむのはわかりきっていた。

俺は、それが嫌だった。

でも、46か47まで、機械設計者として、夢中で働いてきた俺。

俺が設計した機械や装置は、電子部品工場や食品工場、自動車部品工場。

多岐にわたる。

その機械や装置は、メンテナンスをされながら、今だに動いているだろう。

少しは、社会に貢献してきたつもりだ。

でも、今の俺は、なんだ。

社会のお荷物になりさがってしまっている。

消えてなくなりたくなっていた。

ラピッド・サイクラーとは、こういう感じだ。

短期間で、躁病とうつ病が入れ替わる。

_

今日は、元気だ。

昨日まで、ちょっと下がっていたけど、大丈夫。

しかし、怖いものだ。

躁病の俺は、無茶をして、俺を殺そうとする。

うつ病の俺は、勝手に俺を、世の中から抹殺しようとする。

頼れるのは、薬だけだ。

この二人を殺す方法は無いものだろうか。

こいつらがいなくなれば、少しは楽になると思うんだ。

_

Arigato

_

昨年の12月15日から、オカリナを練習しています。

そして、その練習曲をアップしています。

今日は、ビートルズの「ストロベリー・フィールズ・フォーエバー」です。

吹いていて気が付いたんですが、半音違う所があるんです。

穴を半分ふさいで半音にするんですが、効かないんですよね。

俺のオカリナは、もともと、音程が狂ってるのかもしれません。

安物を買ったからなあ。

まあ、それも、味ということで。

_

THE BEATLES
Strawberry Fields Forever

「sff2.mp3」をダウンロード

Okarina

_

今朝撮った山の写真です。

アパートから10mばかり歩くと、ビューポイントがありまして。

ちょいと出て、撮って来ました。

まず、八ヶ岳、雲がかぶってしまっています。

山の上の方には、雪が降っているかもしれませんね。

クリックすると、拡大して見られます。

_

P1000001

_

それから、南アルプス方面。

_

P1000003

P1000004

_

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪

_

ここでは、俺が大好きなビートルズの曲と、そのカバー曲を合わせて紹介しています。

とりあげる曲は、「シーズ・ア・ウーマン」です。

アルバム「HELP!4人はアイドル」に収録されています。

ポール・マッカートニーの作品です。

カバーしたのは、ジェフ・ベックです。

一時、三大ロックギタリストの一人と言われた人です。

ちなみに、あと二人は、エリック・クラプトンとジミー・ペイジです。

ジェフ・ベックは、ギターのインストロメンタルでカバーしました。

_

JEFF BECK
She's A Woman

_

_

THE BEATLES
She's A Woman

_

_

ぽちっと、応援クリック、お願いします。

_

ブログランキング・にほんブログ村へ

_

« 俺は、ラピッド・サイクラー、今日は、うつで、だめです。 | トップページ | 今日は、調子良い感じで、ちょっとご機嫌です。 »

コメント

みのさん、こんにちは
私も同じ躁うつ病の1型、ラピットサイクラーです
その上がり下がりは激しく、荒馬を飼いならす様な覚悟が要ります

そして直ぐに躁鬱混合状態に入り、最悪では自殺してしまう可能性が高いのです
みのさんの主剤の他に上がり気味の時要にリスパダール液、下がってきたらエビリファイ
と言う様に有る程度自己判断で薬が飲めるようにDr.と相談して見た方が良いでしょう

私はこの処方で随分とコントロールしやすくなりましたよ
今は頑張ってとは言えませんが、勉強不足な所が有りますよ(笑)

風蘭さん、コメント、ありがとう。
上がった時と下がった時の薬については、
医師に相談済です。
たぶん、俺の状態を診て、今の薬に決めたんだと思います。
それに、今の俺には、自分の状態で薬を変えるような冷静さはありません。
特に、上がった時、下がった時は、無理ですね。
困ったものです。

こんばんは みのさん。 主人が 躁鬱1型の まりあです。

みのさん 頼れるのは お薬だけ だと なかなか この病気は 良 い方には進みません。
みのさんの 事を いつも 支えて下さる奥さまが いらっしゃいます。
みのさんは 奥さまに 要らぬ心配を かけたくなくて 一人で 病と 戦おうと なさっていますよね。 躁鬱病は なかなか 一人では 管理が できない病気です。 ちなみに
主人は 発病して 10年に なります。 その頃は 今みたいに ネットでの情報も 少なくて 私は あらゆる本を 読みあさりました。 主人本人は 自分が 上がっているのか 落ちているのか なかなか 自分では 把握は できません。特に 躁状態では 自覚が 乏しくなります。
私も 最初は 泣くばかり でしたが この10年間で 相当勉強しました。
先ずは 奥さまと 病院に 一緒に 行かれる事です。 みのさんの 行動を把握できるのは奥さまだけです。 そして どうぞ 奥さまに みのさんの薬剤師に なってもらう事です。
みのさんは ご自分が 飲まれているお薬の 作用 副作用を ネットで 調べるべきです。
精神科医は 社会復帰までは 考えては くれません。 ただの 薬漬けには なっては
いけません。 先ずは お薬ハイパー辞典で 作用を お調べください。
そして 奥さまと 病院に 同伴されてください。 みのさんが 伝える状態と 奥さまが伝える状態は 必ず 違いが あるはずです。 応援していますよ みのさん!
,

まりあさん、コメント、ありがとう。
また、心からのアドバイス、ありがとう。
ただ、俺としては、かみさんを、まきこみたくないんです。
俺のとなりで、にこにこしていてほしいんです。
きっと、俺の異常については、わかっているんだと思うんですが、
何も言わず、普通にしていてくれています。
それが、俺にとっては、良い薬だなと思っています。
それから、俺の医師は、社会復帰を考えてくれています。
薬の処方についても、かなり慎重にやってくれています。
この信頼している医師と一緒に、病気と闘おうと思っています。
だから、薬は、医師にまかせています。
ネットで調べても、専門的な知識無しに、薬を考えるというのは、
危険だと思っているからです。
でも、応援、ありがとうございます。

みのちゃん、
自分を殺そうとしたり殺されそうになったり、

そんな事しないでよね!
奥さんや巣立って行った 息子さんやお母さんや周りの人、
それに オイラが 悲しくなります。

だから、みのちゃんは 病気に負けないで下さい、
ビートルズが好きで、ギターが宝物で、オカリナを始めたみのちゃん、

羨ましい程の奥さんと一緒に暮らせている事自体が
凄く羨ましい、
こんな奥さん、何処を探してもいませんよ^^

だから、空を飛ぼうとは思わないで
二本の足で 踏ん張っていてください(*^_^*)

ワカメパパさん、コメント、ありがとう。
周りを悲しませない様に、
言う通り、
心に銘じておきます。
状態によって、自信無いんだけど、
銘じておけばだいじょぶかな。
だいじょぶだと思います。

今夜も寒いです。
しんどいねえ、みのさん。

私は,何にもしてあげられないけども
決して命を絶ってはいけません。理由はないです。いけません。

私の高校時代の友人の奥様は私と同じ年齢で、一昨年のちょうど今頃
淀川に身を投げて亡くなりました。受験生のお嬢さんの受験直前に。
私は詳しいことはわからないのだけど、これは薬の副作用が原因の一つらしいです。

生物学をやっている科学者の端くれの私ですが、専門外なので詳しく話せないけれども、
脳の神経の反応は物質で左右される。と言えると思います。
その人の性格とか根性とか、過去のいろいろ家族のなんとか、何も関係なく
物質反応であって、同じものを見ても泣けたり笑えたり変わってしまうものです。

ですからコントロールは出来ないと思います。
沈んだ状態から元気が出たころが最も不安定になると思います。
これは、みのさんのせいではないし、不養生のせいでも、誰のせいでもなく
確かに神経の接続具合に悪いところがあって、
何かが作用しているだけだとわかってくださいね。

おかしいかどうか具合がいいかどうかを客観的に判断できてないかもしれないので
どなたかが書いておられるように、家族の誰にでも頼ってもう少し良い対処がないのか
助けてもらうようにしてくださいね。
私、お会いしたこともないですけどもみのさんとまだまだお話したいし
音楽も教えていただきたいですから。

写真また見せてねhappy01

こんばんは

わたし、皆さんのように難しい事とか書けないでごめんね。
いつも応援しています。

今日の朝撮った八ヶ岳の写真キラキラして
とっても綺麗です。
力をくれそうですね。

Lunaさん、コメント、ありがとう。
かみさんに、俺を監視させるのは、現実的に無理です。
きっと、彼女自身が、おかしくなってしまうでしょう。
それほど、俺は、ひどくなると、わからなくなってしまうんです。
かみさんには、横でにこにこしていてくれれば良いんです。
きっと、彼女は、耐えてると思うんです。
でも、普通に接してくれている、ありがたいと思っています。
それが、俺を救ってくれてると信じています。
俺は、信頼する医師と、病気と闘いますよ。
ブログは、どんな状態でも、続けます。
オカリナも写真もアップしますね。

nicoさん、コメント、ありがとう。
良いんですよ、めんどくさい病気なんだから。
八ヶ岳、綺麗でしょ。
午前中に撮ると、光が、うまい具合に当たって、
綺麗に浮き立って見えるんです。

みのさん、こんにちは。

この前は何も言えなかったので今日は書き込みします。
(^-^)今はいつかお酒を飲む約束した仲ですしね。実現するまでは飛んだりしないで下さい。もちろん実現した後も次の約束をするのですが。

そうは言っても私も病気に関して難しいことはわかりません。でも同じ病気だからみのさんの言ってることの意味はすごく理解できます。

内臓の話をします。

みのさんの内臓はみのさんが死にたいって思っても毎日休むことなく必死で動いています。内臓は決してみのさんを裏切りません。とても健気です。

何だか意味が分からない話ですが大好きだった彼女が躁鬱病で苦しむ僕に昔話してくれたことです。
当時は毎日死のう死のうと思っていた時期でした。なぜかこの話にすごく感動しました。自分を殺そうとする自分もいるけど裏切らない自分もいるんですよね。


けいすけさん、コメント、ありがとう。
なるほど、脳は死のうとしていても、全部じゃ無いんですね。
生きようと頑張ってる脳もあるわけだ。
自律神経って言ったかな。
それが、内臓を動かしてるわけだから。
なんだか、心強いですね。

こんばんは。 再び まりあです。 みのさんのコメント
見て 思った事を 奥さまの 代わりに 書かせていただきます。

私は 躁鬱病では ないので みのさんの ご苦労は 主人と 重ねてしか理解できません。
でも 奥さまの お気持ちは 理解できるかも しれません。みのさんは 奥さまが
みのさんを 怖がっている事が わかりますか? 躁状態の人は 目付きから 心底 怖いのですよ。 その傍で にこにこ 笑っている事は ある意味 拷問です。
毎日 みのさんの ご機嫌を うかがっているに すぎません。耐える と言う段階では ないはずです。 みのさんは それで 良いのかも しれません。 自分が どんなに 振る舞っても 奥さまは 普段通り にこにこされて。
それは 奥さまの 本当の ほほえみ では 決して ないはずです。
奥さまは みのさんが 怖いから 普段通りを 演じているのです。
このままだと 奥さまは 見えないストレスから 本当に 病気に なるかもしれませんよ。
脅して いるのでは ありません。 当事者の妻だから わかるのです。
奥さまに 病気の事を 自分は 躁に なったら こんなになる その時は 自分を無視してくれ とか 鬱になったら 起死念が わく とかだけでも 伝えるべきです。
毎日 毎日 みのさんの ご機嫌を 伺いながら にこにこ していなければ ならない奥さまの お気持ちが みのさんに わかりますか? みのさんは 良い薬かも しれません。
でも 振り回されて 耐えている 奥さまは 見えない所で 病んでしまわれるかも しれません。 いつか みのさんは (私の記憶が 正しければ) 自分が 死んだ後で このブログを 家族が 見て 自分が どんなに 家族を 愛していたか わかって欲しい みたいな事を 書かれて いましたよね。 果たして 奥さまは それで 満足でしょうか?
生きている時に 一緒に 病を 理解したかった と私なら 思います。

みのさんは 暗に 今は 自分は こんなだから わるいが お前(奥さま) は 耐えてくれ
普段通りに にこにこしててくれ と 躁独特の オーラで 無言の圧力を かけているだけ だと思います。 これは みのさんには 絶対にわからない 恐怖です。

臭いものに ふたをせずに みのさんの 状態だけでも 奥さまに 先ずは お伝えする事を おすすめします。 誤解なさらないで いただきたいのは これは 批判コメントでは ない! と言う事です。 みのさんの 奥さまの 恐怖を 私は 実感できます。
知らない恐怖に 怯えるより それは 稔りのある事だと 思います。

まりあさん、コメント、ありがとう。
全く誤解していた事を理解しました。
俺は、まちがっていましたね。
今、調子が良い所です。
この機会に、かみさんに話してみます。
ほんとに、ありがとう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136516/53835651

この記事へのトラックバック一覧です: 俺を殺そうとする、俺の中の二人を、殺す術はありませんか。:

« 俺は、ラピッド・サイクラー、今日は、うつで、だめです。 | トップページ | 今日は、調子良い感じで、ちょっとご機嫌です。 »