アクセスカウンタ

Google Page Rank


ABOUT ME

  • 浅草出身、現在、長野県諏訪在住。かみさんと二人で、ほそぼそと暮らしています。

« みのむしより、新年、あけまして、おめでとうございます。 | トップページ | 正月の深夜に放送される映画を、楽しみに観ています。 »

2012年1月 2日 (月曜日)

「フランダースの犬」で、今年の初泣きをしました。

外では、粉雪が風に舞っている。

二、三日、こんな天気だそうだ。

初詣に行くのは、やめた。

雪を見て、心がなえた。

初詣は、諏訪大社の上社に行こうと思っていた。

車を持っていれば、楽に行ける。

だが、自転車しか無い。

JRの駅まで歩いて、電車に乗って、JRの駅から1時間以上歩く。

やめた。

そのかわり、うちにある、粗末だけど、神棚兼仏壇を拝むとしよう。

俺たちの神様とご先祖様は、そこにいらっしゃる。

そして、俺たちを守ってくれている。

_

今朝、「フランダースの犬」の最終回が放送されていた。

おかげで、一泣きしてしまった。

今年の、初泣きだ。

「フランダースの犬」は、俺が、生涯で二番目に読んだ物語だ。

一番目は、小学校低学年の頃、「一休さん」だった。

学校の宿題だったのだ、読書感想文だ。

母が選んでくれた。

「フランダースの犬」は、いつ頃読んだのか覚えていない。

ただ、子供用に装填されていたのは覚えているので、小学生の頃かもしれない。

マンガでは、主人公はネロだが、本では、ネルロだったと思う。

ネルロがかわいそうで、パロラッシュがいたいけで、世の中が理不尽だった。

ネルロは、観たかった絵を観て、その前で、パトラッシュと一緒に死ぬ。

死んだネルロとパトラッシュを囲んだ村民の所に、一人の男が来る。

出展していたネルロの絵から、ネルロの絵の才能を見出した男だ。

自分の手で、ネルロを一流の画家に育てたいと思って来たという。

遅いんだよ。

生きていれば良い事があったのに、死ななければならなかった悔しさ。

小学生だった俺は、読みながら、ぼろぼろ泣いた。

そして、俺は、この物語から、多くの事を学んだ。

_

さて、正月は、のんきに過ごしている。

明るいうちから酒を飲んで、テレビかパソコン。

かみさんは、年末は年越そば、元旦は御雑煮と、ちゃんと出してくれた。

また、元旦の夕食は、鍋物で、これまた酒を、かみさんと酌み交わし、祝った。

たぶん、1月は、超倹約生活だな。

仕方が無い、正月だもん。

深夜映画も面白いし、昨晩の「少林サッカー」は、おもしろかったな。

当然、起きるのが遅くなる、だらけた正月だ。

4日から、正常に戻そう。

俺は、双極性障害(躁うつ病)持ちの失業者。

不規則な生活は、病気に悪いし、失業者といえどもだらけちゃまずい。

今年は、俺にとって、運勢が上がる年なんだから、ちゃんとしよう。

ちゃんと。

_

20120101

_

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪

_

ここでは、おまけとして、俺が大好きなビートルズの曲を紹介しています。

ビートルズの多くの曲は、多くのアーティストによってカバーされ発表されています。

そこで、カバー曲とオリジナルを合わせて、紹介する事にしています。

このカバー曲を探す作業が、俺にとって、とても楽しい事なんです。

今日も、良いのを見つけました。

とりあげる曲は、「マザー・ネイチャーズ・サン」です。

ポール・マッカートニーが作った、素朴だけど、とても美しい旋律の曲です。

カバーしたのは、ジョン・デンバーです。

アメリカの、主にフォークのシンガーソングライターです。

作った曲で有名なのは、「テイク・ミー・ホーム・カントリー・ロード」です。

それをカバーしたのは、オリビア・ニュートンジョンで、そっちの方が有名かもしれません。

日本でも、スタジオ・ジブリのアニメ作品「耳をすませば」のメインテーマ曲でしたね。

ただ、こちらは、和訳されていましたけど。

それでは、ジョン・デンバーの「マザー・ネイチャーズ・サン」。

オリジナルの、ビートルズのもの。

それから、ジョン・デンバーの「カントリー・ロード」

オリビア・ニュートンジョンの「カントリー・ロード」

この順番に貼ります。

良かったら、聴いてください。

_

JOHN DENVER
Mother Nature's Son

_

_

THE BEATLES
Mother Nature's Son

_

_

JOHN DENVER
Take Me Home, Country Roads

_

_

OLIVIA NEWTON-JOHN
Take Me Home, Country Roads

_

_

ぽちっと、応援クリック、お願いします。

_

ブログランキング・にほんブログ村へ

_

« みのむしより、新年、あけまして、おめでとうございます。 | トップページ | 正月の深夜に放送される映画を、楽しみに観ています。 »

コメント

はじめまして。
私も今朝フランダースの犬見ました
何回見ても悲しいですね
ネルロと呼ばれてる本の話は始めて聞きました
奥ふかいですね

私は気分安定薬であまり泣けなくなった気がするのですが
みのむしさんは変わりないですか?
私も思いっきり泣いてみたいです

小田さんのクリスマスの約束も見ました
感動しましたね

coronさん、コメント、ありがとう。
俺は、躁状態がひどくなっているので、
感情の起伏が激しくて、
すぐ泣きます(^_^;)
ブログ、拝見しましたよ。
イライラしたら、お薬飲んで、少し寝てでも、
落ち着きましょう。
そうそう、小田さん、良かったね。
すごく良かった。

明けましておめでとうございます。

上諏訪の友達が「切れるような寒さ」と言ってました。

先月伊那に行っていた母が帰ってきて最初の言葉が「暖かいねぇ」でした。

みのむしさんのご家族の健康とご多幸をお祈り申し上げます。

「フランダースの犬」は悲し過ぎるので、見ないようにしています。
でもラストのシーンは忘れられません。

つい最近映画もやってて、それは観てしまいましたけど・・

yukariさん、コメント、ありがとう。
そうです、寒いんです。
でも、諏訪は、これから、もっと寒くなります。
気をつけないとね。
yukariさんも、今年が良い年である事を、お祈りします。
「フランダースの犬」映画があったんですか。
観たら、ぼろぼろに泣くだろうなあ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136516/53633580

この記事へのトラックバック一覧です: 「フランダースの犬」で、今年の初泣きをしました。:

« みのむしより、新年、あけまして、おめでとうございます。 | トップページ | 正月の深夜に放送される映画を、楽しみに観ています。 »