アクセスカウンタ

Google Page Rank


ABOUT ME

  • 浅草出身、現在、長野県諏訪在住。かみさんと二人で、ほそぼそと暮らしています。

« 俺の体の中で、躁病と、大量の薬が、戦っています。 | トップページ | 俺が、初めて、たばこを喫ったのは、学校でした。 »

2012年1月13日 (金曜日)

俺を、自殺から救ってくれるかもしれない、本を紹介されました。

このブログを読んでいただいているのだと思うのだが、その方から、メッセージが届いた。

FACEBOOKからだ。

大津秀一氏著作の「死ぬときに後悔すること25」という本を教えてくれた。

FACEBOOKは、基本的に本名登録なのだが、名前は伏せておく。

ただ、送ってくれた方も、うつに苦しみ、そして、今、更生しているそうだ。

そういう事や、今の時間を更生の為に有効活用していただきたい、と言う。

感謝に絶えない。

_

俺は、双極性障害(躁うつ病)で、今、躁病の方へ上がっている。

躁病がひどくなる事を上がると言い、うつ病がひどくなる事を下がると言う。

今、俺は、いつ死んでも良いと思っている。

26年間ぐらい必死で働き、俺が設計した機械や装置は、日本中で稼働している。

ためらっているのは、母親が生きている事、孫の顔を見たい事、かみさんの事だ。

どうせ、やとってくれる会社など、無いだろう。

上記3件が無くなれば、すぐにでも、死ぬ自信がある。

_

それから、うつの時、既に、やっちゃっている。

左手首には、ためらい傷がある。

でも、ためらったわけでは無いのだ。

一刀目、力の具合がわからなくて、とにかく刃をあてて切った。

それが、思いのほか浅くて、同じ所へ二刀目を入れた。

でも、かなり痛くて、つい手加減してしまったのだろう。

ただ、出血がひどくて、気絶してしまった。

そこを発見されたのだ。

_

現在の死についての考え方、うつの時の自殺未遂。

どっちにしても、病気のせいだろうと思う。

でも、自分では、制御できない行動なのだ。

FACEBOOKの方から教えてもらった本、読んでみようと思う。

そして、心に刻み込む。

その時が来たら、刻み込んだ何かが、俺を助けてくれるかもしれない。

うん、読んでみよう。

_

20120101

_

昨年、12月15日に、突然オカリナに目覚め、毎日練習してきた。

ここで、数々の練習曲を発表してきた。

時には失笑され、時には爆笑され、失敗を馬鹿にされてきた。

しかし、懲りずに載せるのは、趣味として、なんとかしようという気持ちからだ。

だんだん、励ましの言葉をいただけるようになって、少し調子に乗っている。

今日は、ポール・マッカートニー アンド ウィングスの「ブルーバード」を吹く。

長い音が多いんだけど、ビブラートができないと様にならない。

だけど、やりかたが、どうもわからなくて、困る。

_

「bb.mp3」をダウンロード

_

P1000002

_

それから、元の曲ついて、紹介しておこうと思う。

ポール・マッカートニーは、ビートルズ時代から、ソロアルバムを出していた。

解散後も、ソロアルバムを出していたが、ライブ、つまりコンサートをやりたくなった。

それで、集められたのが、ウィングスのメンバーだ。

最初は、小さなホールで演奏していたそうだ。

だが、シングルはヒットし、アルバムもヒットし、映画007のテーマ曲を手掛けるしね。

全米ツアーするまでに、大成功した。

ブルーバードは、初期のアルバム「バンド・オン・ザ・ラン」に収録されている。

優しい曲調が素敵な曲だ。

_

_

八ヶ岳のパノラマ写真です。
カメラをずらしながら数枚撮り、加工してつなげました。
クリックすると、拡大して観られます。

Photo

_

━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

_

ここでは、俺が大好きなビートルズの曲を紹介します。

ビートルズの多くの曲は、多くのアーティストによってカバーされ、発表されています。

そこで、カバー曲とオリジナルを合わせて紹介しています。

このカバー曲を探す作業は、俺にとって、とても楽しい事なんです。

今日とりあげる曲は、「ア・デイ・イン・ザ・ライフ」です。

アルバム「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」に収録されています。

1960年後半です、プログレッシブロックが流行り始めました。

その最先端をいく一曲ではないかと思います。

カバーするのは、ウェス・モンゴメリーです。

アメリカのジャズ・ギタリストです。

1968年に亡くなっていますが、オクターブ奏法で、大成功をした人です。

_

WES MONTGOMERY
A Day In The Life

_

_

THE BEATLES
A Day In The Life

_

_

ぽちっと、応援クリック、お願いします。

_

ブログランキング・にほんブログ村へ

_

« 俺の体の中で、躁病と、大量の薬が、戦っています。 | トップページ | 俺が、初めて、たばこを喫ったのは、学校でした。 »

コメント

こんにちは〜

どこまでも続く田園風景が緑に覆われると綺麗ですね。
田んぼに稲が植えられ緑いっぱいの景色好きなんですよ〜
オカリナを春の日差しの中でこの景色と一緒に聞きたいです〜

nicoさん、コメント、ありがとう。
それは、稲が育って、青々としてる夏の景色ですねえ。
オカリナを聴きたい・・・うれしい事を言ってくれる(*^_^*)
練習しなきゃ。

こんばんわ。
私も壁にぶつかった時は本屋に行きます。そんな時自分に合った本が見つかるものですね。
違う病気で違う症状だけど、人それぞれに自分との格闘があるんですね。
そして、隣に支えてくれるひとがいる・・・
みのむしさんのブログ読んで何かわからないけど涙が出た・・・・
どう表していいかわからないけど胸が痛かった・・・・
きっと神様が見てくれてるね・・・・

てんてるさん、コメント、ありがとう。
今日は、コメントしにくい内容なのに。
そうです、人それぞれ、戦っていると思います。
それを、神様も仏様も、見守ってくれていると信じます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136516/53725515

この記事へのトラックバック一覧です: 俺を、自殺から救ってくれるかもしれない、本を紹介されました。:

« 俺の体の中で、躁病と、大量の薬が、戦っています。 | トップページ | 俺が、初めて、たばこを喫ったのは、学校でした。 »