アクセスカウンタ

Google Page Rank


ABOUT ME

  • 浅草出身、現在、長野県諏訪在住。かみさんと二人で、ほそぼそと暮らしています。

« 「フランダースの犬」で、今年の初泣きをしました。 | トップページ | 今日は、俺の、就職活動初めです。 »

2012年1月 3日 (火曜日)

正月の深夜に放送される映画を、楽しみに観ています。

俺の正月の楽しみは、深夜に放送される映画だ。

新年にひき続く夜更かし人の為に放送されるのかなあ。

たまに、9時から放送してる映画放送では取り上げられないような映画が放送される。

それが楽しみなのだ。

かなり前の事だが、「12人の優しい日本人」という映画が放送された。

12人の陪審員が、一人の女性の殺人の罪について話し合う。

舞台は、陪審員室のみの映画で、ワンシチュエーションストーリーだ。

最初は、全くやる気が無かった陪審員たちが、どんどん熱く議論する。

そして、一つの答えを導き出す。

劇的な展開と、終末の部分の爽快感。

あとで、わかった事だが、これは、舞台演劇を映画化したものだったらしい。

そして、最近わかった事だが、この演劇の脚本は、あの三谷幸喜氏だった。

おもしろいわけだ、納得だ。

後に、ワンシチュエーションで展開するTVドラマ「やっぱり猫が好き」も三谷氏の脚本だ。

そのルーツだったのかなあと、俺は、想像する。

俺は、この映画を、たまたまビデオに録画していた。

何度観返しても、おもしろい。

これで、正月の深夜放送映画に味をしめたのだ。

_

昨年は、「パコと魔法の絵本」だ。

この映画は、感動して泣いた。

アニメも交えて、出演者のキャラがおもしろかったし、ファンタジーのようだった。

一種独特だと思っていたら、監督が、俺が大好きな「下妻物語」の人だった。

中島哲也氏である。

もう一つは、「うた魂」だ。

夏帆という、とてもかわいい女優が主人公で、コーラスをテーマにした物語だ。

自分の事しか考えてない女の子が、だんだん、チームワークに目覚めていく。

そんな感じだったか、おもしろかった。

ガレッジセールのゴリと薬師丸ひろ子が、良い味出してた。

_

さて、今年だが、それほどレアな映画は放送されてない。

ちょっと、テレビ局の怠慢かなあ。

元旦は、「少林サッカー」を観た。

今まで、何回も観てる。

何回観ても、爽快な映画だ。

昨晩は、「ブタがいる教室」を観た。

これは、観るのが2回目だ。

あらためて観ると、良い映画だった。

小学六年生のクラスが飼ってるブタをめぐり、みんなで議論する。

卒業した後、ブタをどうするか。

卒業間際まで、議論をするが、それは、命の議論まで到達する。

そして、真っ二つに割れた案の決定権は、妻夫木演ずる先生に委ねられる。

たかがブタ、されどブタ。

いつも普通に食べてるブタ肉、でも、飼ってるブタはクラスメートの一員の様だった。

みんな飼ってるブタを愛していた。

そういう思いが、クラスの中で交錯する。

良い映画だった。

_

放送されるのは、深夜だ、1時過ぎてからだ。

当然、かみさんは、横で、がーがー眠っている。

俺は、布団にもぐって、真っ暗な部屋で、映画を楽しむのだ。

さて、今晩は、どんな映画が放送されるんだろう。

まだ、調べていない。

わくわくする。

_

20120101

_

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪

_

ここでは、俺が大好きなビートルズの曲を紹介しています。

ビートルズの多くの曲は、多くのアーティストによってカバーされ発表されています。

そこで、カバー曲とオリジナルを合わせて紹介する事にしています。

このカバー曲を探す作業が、俺にとって、とても楽しい事なんです。

今日も、良いのが見つかりました。

とりあげる曲は、初期の作品で、「イッツ・オンリー・ラヴ」です。

カバーしたのは、ピーター・セテラです。

伸びやかなハイトーンの歌声で知られるボーカリストです。

シカゴというロックバンドにいた時、「素直になれなくて」という曲で、全米1位を獲りました。

ついでですから、この「素直になれなくて」も最後に貼ります。

どうぞ、聴いてください。

_

PETER CETERA
It's Only Love

_

_

THE BEATLES
It's Only Love

_

_

CHICAGO
Hard to Say I'm Sorry

_

_

ぽちっと、応援クリック、お願いします。

_

ブログランキング・にほんブログ村へ

_

« 「フランダースの犬」で、今年の初泣きをしました。 | トップページ | 今日は、俺の、就職活動初めです。 »

コメント

卍党との闘い

みのさん あけましておめでとうございます。本日のタイトルとは全く関係なく、非常に申し訳ないのですが、ついつい負けてしまいましたので、コメントします。
みのさんはたぶん私より3学年か、4学年か上だと思います。みのさんがビ-トルズに目覚めた頃、その頃の、みのさんと私とでは、それはもう大人と子供のほどの差があります。その頃、私は一体何をやっていたのか?
「闘っていたのです。」卍党と。私たちは△□○○隊とかいう、今では名前も忘れた徒党を組み、縄文式竪穴住居の方が余程ましなくらいの基地を作っておりました。私たちはその頃、集団就職的に都会周辺に群がった、北海道とか筑豊炭田の炭鉱離職者の子供たちでした。私は熱心な隊員でした。ヌンチャクを作り、カンフーの修行に日々研鑽しておりました。
一方、新興住宅街の子供たちで構成する組織があり、彼らはモダンな基地を建設し、目印に「卍」と、たった一文字旗印を掲げておりました。そのスマートさに、我々の△□○○隊は何かしら間抜けな感じがし、言い知れぬような違和感を噛みしめつつ、私たちは一人一人は実にカチンと来、闘志を高め、攻撃開始したのでした。我々は蛮行の限りをつくしました。
あれから何年経ったろうか。中学時代は「かぐや姫」とか「イルカ」など、フォークソング全盛でした。
高校時代は友達の影響で、Queenにはまった。大学時代は80年代の洋楽全盛で、今回、貼り付けていただいたChicago のHard to say I’m sorryをはじめ、当時MTVで紹介された曲はみんなお気に入りでした。今回のHard to say I’m sorryは懐かしく、思わず口ずさんでしまいました。
私は曲に対してはいつも勝負を挑んでいます。無意識のうちに口ずさんでしまったら、私の負け。今回は私の負けです。白状すれば、みのさんがオカリナで「また君に恋してる」をUPしてから、5日ぐらい後に無意識に「負けている自分」に気付き、あまりの意外性に「あれま?」と思いました。
ところで、私はビートルズを覚えようと思って意識して聴いたことはないのですが、軽く30曲はよく知っています。いつの間に入り込んだのか?今まで何度も負けています。
今年も勝負を楽しみにしています。


エンリコさん、コメント、ありがとう。
楽しい少年時代の遊び、俺もやりましたよ。
意外と真剣なんですよねえ。
しかし、勝負を挑んでいるとは、まさか、思っていませんでした。
でも、俺としては、気に入った曲を貼るのが楽しいですから、
あまり意識しない様にしますね。
口ずさんでくれると、うらしいなあとは思いますけど。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136516/53643401

この記事へのトラックバック一覧です: 正月の深夜に放送される映画を、楽しみに観ています。:

« 「フランダースの犬」で、今年の初泣きをしました。 | トップページ | 今日は、俺の、就職活動初めです。 »