アクセスカウンタ

Google Page Rank


ABOUT ME

  • 浅草出身、現在、長野県諏訪在住。かみさんと二人で、ほそぼそと暮らしています。

« 今日は、調子良い感じで、ちょっとご機嫌です。 | トップページ | かみさんに、俺を殴る為の、金属バットを渡しておこうと思います。 »

2012年1月29日 (日曜日)

俺が死のうとしたら、かみさんが、俺をぶん殴って、助けてくれます。

まりあさんから、コメントをいただいた。

10年間、双極性障害の旦那さんと一緒に、病気と闘ってらっしゃる。

ありがたいことだと思ってよませていただいた。

俺は、双極性障害になって、4年ぐらいになる。

こないだ、スピっど・サイクラーになったと言われた。

まりあさんは、いろいろとアドバイスをくれた。

_

まず、薬の研究をすべきだと。

これは拒否した。

専門的な知識を持つ、信頼している医師にまかせるべきだと考えているからだ。

にわか仕込みの知識で薬を判断する事は、かえって危険だと思った。

医師は、社会復帰まで考えてくれないとコメントされたが、そうでは無い。

少なくとも、俺の担当医は、心から社会復帰を望み、助けようとしている。

_

それから、かみさんと一緒に受診すべきだとコメントされた。

かみさんに状況を説明させるべきだと。

これも、拒否した。

俺の医師は、時間をかけて、じっくりと話を聴いてくれる。

行動、心の動き、そして、それに伴う苦しみまでだ。

病気と闘うのは俺で、サポートしてくれるのは医師、これで事足りる。

かみさんは、必要が無いと思う。

_

かみさんに、病気の事を説明すべきだとコメントされた。

俺の状態の変化に我慢して、わけもわからず、にこにこしてくれている。

だが、それは、大変なストレスを与えている可能性がある。

なるほどなあと思った。

これは、説明しておこうと思った。

かみさんと炬燵に座って、紙にグラフを描いた。

以下のようなものだ。

_

Photo

_

3本、横線がある。

中央の線が、基準の線で、右方向が時間だ。

上は、気分が上がる方向、上の線は、その限界の線だ。

下は、気分が下がる方向、下の線は、その限界の線だ。

一番上のグラフは、正常な人の場合だ。

正常な人だって、気分が上がったり、落ち込んだりする。

でも、限界の中なので、正常なのだ。

二番目のグラフは、双極性障害(躁うつ病)のグラフだ。

上も下も、限界を超えている。

その超えている部分が異常な所で、上が躁病、下がうつ病だ。

一定期間で繰り返している。

三番目のグラフは、ラピッド・サイクルの場合だ。

繰り返しの期間が、非常に短くなっている。

かみさんは、ふむふむと聞いていた。

さらに、躁病のひどい時の心理状況と行動について説明した。

それから、うつ病の時についても説明した。

かみさんは、やはりふむふむと聞いていた。

その後、どう言おうか、迷った。

病気と闘うのは、自分でやる。

かみさんには、どう言おうか。

しばらく考えた挙句、こう言った。

「俺が死のうとした時、殴ってでも良いから、止めてくれ」

かみさんは、その言葉に、少し驚いたようだったが、

「おもいっきり殴るわよ」

と、言って、にこっと笑った。

なんだか、命が助かったような気がした。

_

Arigato

_

昨年12月15日から、オカリナを練習しています。

その練習曲を、ここにアップして、聴いていただいています。

今日は、久保田利伸の「LA・LA・LA LOVE SONG」を吹いてみました。

グルーブ感なぞ、微塵もありませんが、聴いてください。

_

LA・LA・LA LOVE SONG

「lll.mp3」をダウンロード

Okarina

_

八ヶ岳、どどーんと。

P1000005

_

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪

_

ここでは、おまけとして、俺が大好きなビートルズと、そのカバー曲を紹介しています。

今日は、「トゥモロー・ネバー・ノウズ」です。

アルバム「リヴォルバー」に収録されています。

ジョン・レノンが、Cコードだけで作った曲です。

カバーしたのは、リヴィング・カラーです。

1980年代に活躍した、アメリカのハードロックバンドです。

_

LIVING COLOUR
Tomorrow Never Knows
_

_

THE BEATLES
Tomorrow Never Knows
_

_

ぽちっと、応援クリック、お願いします。

_

ブログランキング・にほんブログ村へ

_

« 今日は、調子良い感じで、ちょっとご機嫌です。 | トップページ | かみさんに、俺を殴る為の、金属バットを渡しておこうと思います。 »

コメント

みのさ~ん
それが本当の姿ですよ
私は妻も子供も巻き込んで病気と闘ってきたから言えるんですけど

一人では回復するのは難しい病気ですよ
奥様にももっと頼って今度の診察日には同伴してみれば変化も出るかも知れませんよ
みのさんが死んで一番悲しむのは奥様なんでしょうから
これからは病気の勉強もお二人でしないといけませんね

みのさんに心得をプレゼントしておきます

1.目標をもつということ
2.健康な部分を増やしていく
3.情報集めをして新しい知識を持つ
4.どんな病気か知っておく
5.治ることについて新たな認識を持つ
6.どれくらいの人がなる病気なのか?
7.再発のサインがあることを知っておく
8.再発から学ぶ
9.どうすればよくなるのか
10.他の人の経験に学ぶ
11.町の応援団を探そう
12.自分を信じる

また余計なお世話だと思いますが、友として伝えて置きます。。。

みのちゃん、読みながら涙出てきました。
説明してくれて奥様嬉しかったとおもいます。
この時を待っていてくれたと思うな〜
『思いっきりぶん殴るわよ』奥様お願いしますね。
一番そばにいていつも見守ってくださる奥様がいるから心強いですね。
甘えてください。だってその為の夫婦だもん。
良い時も辛い時も心を合わせられるのが夫婦だもんね。
奥様大好きです〜

風蘭さん、コメント、ありがとう。
12項目、やってみます。
でも、目標はなんだろう?
治る事なのかなあ、先が見えない話です。

nicoさん、コメント、ありがとう。
そうですねえ
心強い味方ができた気分です。
これで、とりあえず、死ななくて済むかなあ。

こんばんは みのさん。ただ一言!

が ん ば れ! 応援していますよ。

まりあさん、コメント、ありがとう。
応援も、ありがたく思っています。

みのさん、こんにちは。

他の方のコメント、自分にも大変勉強になります。勝手に参考にしてます。みなさん、ありがとうございます。

私は双極性障害が発覚したのは妻が異常に気付き病院に引っ張って行かれたからでした。なので基本的に病院にも一緒にいきます(妻に聞かれたくない話がある時は1人で行くか席を外してもらいます。)。
私は双極性障害と診断された時から判断が必要なことは第三者(私の場合、妻)の意見を聞いて決めることにしています。

みのさん、奥様に初めて病気の説明されたんですか??驚きでした。

ホントにこの病気って周りの人を巻き込んじゃう病気ですよね。
私は妻に離婚したいと言われるんじゃないかとビクビクしています。言われても仕方ない病気だとも自覚してます。
でも、うちの妻もみのさんの奥様と一緒でいつもニコニコしてくれてます。

「病気と闘うのは自分で、かみさんは必要ない。」とありますが奥様は一緒にいてくれるだけで既に一緒に病気と闘ってくれてるんですよ。

多少の説明は必要かなと個人的には思います。


みのちゃん、おはよ~う・・・てんてるだよ~(^^)/
夫婦には色んな形があるんだね。性格、生活での環境・・・・
そんで、色々な考えが出てくるんだね・・・
今の、みのちゃんの考えが奥さんに対しての愛情かもしれないし、
奥さんがみのちゃんに対してニコニコして接するのも愛情だと思う
奥さんは常にみのちゃんの隣でずっと見てるとおもう・・・
だから・・・
いざとなった時は回し蹴りがはいるかもよ(笑)(*^_^*)

みの
八ヶ岳の写真が綺麗です

みのは、病気かもしれない
でも、この綺麗な八ヶ岳を見れるなんて
都内でうじうじ仕事している人間より
恵まれているよ
それに、体は健康でも
連れ合いとうまくいっていない人も大勢居る
みのには、良い奥さん、それに良い息子も居る
良かったね

みのさん、目標は何でもいいんだよ。みのさんが
出来そうな、これを今月もしくは、今年したい事や
ちいさな事でも、いいんだよ、
それを実行する為にとりあえず、紙に書いたり、自分で
解る所など、それを実際に行動していくんだよ
それと人とふれあって行く、大事な事だよ
それが、今の趣味とプラスされて、楽しくなるよ。happy01

僕なりにいろんな勉強した、事だけど 
心の病気 つまり脳の働き指令とホルモンバランスが関係で
痴呆を例にとってみると、神経の伝達が旨くいかないとか
人により環境がかなり違うけど
コントロールが効かない、意識があってもできないとか
食事のバランスだったり、仕事のストレス
まぁ原因は不明だから、わからないけど。
とにかく、死んだら楽になるとかは思わない事
死はすごく怖いんだよ~ 恐そうでしょ。
いい事が待ってるのに、僕には見えるけどね~ へへ

けいすけさん、コメント、ありがとう。
かみさんは、そばにいるだけで、病気と闘ってくれている。
肝に銘じておきます。

てんてるさん、コメント、ありがとう。
みのちゃんって呼んでくれたーうれしいな。
サークルでも、そう呼んでね。
かみさんの回し蹴りはきついなあ。
足、太いんです。

アロハ、コメント、ありがとう。
かもしれないじゃなくて、病気ですから。
でも、たしかに、環境には恵まれてるね。
かみさんにも息子にも。
それを、良い方に捉えなきゃいけないね。

リュウセイさん、コメント、ありがとう。
死ぬ事に関しては、まったく怖くないんですよねえ。
ただ、悲しむ人がいるから、しなないだけ。
目標といえば、オカリナを上手に吹けるようになる事かな。
毎日ブログにアップしてるけど、まともに吹けて無いもんね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136516/53851603

この記事へのトラックバック一覧です: 俺が死のうとしたら、かみさんが、俺をぶん殴って、助けてくれます。:

« 今日は、調子良い感じで、ちょっとご機嫌です。 | トップページ | かみさんに、俺を殴る為の、金属バットを渡しておこうと思います。 »