アクセスカウンタ

Google Page Rank


ABOUT ME

  • 浅草出身、現在、長野県諏訪在住。かみさんと二人で、ほそぼそと暮らしています。

« 俺は、躁うつ病ですが、先日処方してもらった新薬は、良い感じです。 | トップページ | 年齢的な事を始め、いろいろな意味で就職が厳しいですが、俺は、ぜったいにあきらめません。 »

2012年4月 9日 (月曜日)

たぶん新薬のせいで、ビールを飲んだら、酩酊状態になりました。

昨日、夕食は、キムチ鍋だった。

鍋だというので、ビールを買ってもらった。

俺は、双極性障害(躁うつ病)のラピッド・サイクラーで失業者だ。

このビールは、収入が少ない中のやりくりのたまものだと、かみさんに感謝した。

鍋の材料をかみさんが準備してる時から、俺は金麦を飲み始めた。

金麦って、ビールじゃないか、ま、とりあえず、ビールっぽい物だ。

350ml缶を2本ばかり飲んだ。

そしたら、ひどい睡魔に襲われて、眠ってしまった。

キムチ鍋ができあがり、俺は、かみさんに起こされた。

しかし、居眠りしながら、箸を運ぶ始末だ。

飲んだお茶の茶碗を鍋の中に置きそうになった。

箸で具をはさみながら、眠ってしまう。

ろくに食事ができない状態だった。

食後も、眠気が取れず、トイレにたったら、うまく歩けない。

歩こうとすると、ひろくよろめく。

睡魔が去るまで、それから1時間以上かかった。

_

双極性障害の薬を定期的に飲みながら、酒を飲むのはいけない。

血中に、薬の成分がある程度残っているからだ。

定期的に、採血して、薬の血中濃度を調べている。

でも、たまには良いじゃんって思う。

俺は、酒が好きなのだ、若いころから。

今までは、睡魔に襲われる症状は無かった。

変わった事と言えば、前回新たに処方してもらったジプレキサ錠だ。

昨日も書いたが、躁うつに良く効く、新たに保険適用になった薬だ。

実際、ラピッド・サイクラーの俺が、軽い躁状態で安定している。

さらに、夜、眠りに入りやすく、睡眠の質が良く、朝の目覚めが良い。

しかし、どうも、酒はダメなようだ。

気を付けなければならない。

というか、精神の薬を飲みながらも、酒を飲むのが、そもそもダメなのだ。

_

_

このブログは、日記のブログだ。

ココログに登録いたのは、2005年9月8日だ。

このブログを書き始めたのは、2008年3月10日だ。

間、2年6ヵ月あるが、何もしてなかったわけではない。

MSNのライブ・スペースとかGoogleのブロガーで、趣味の事を書いていた。

日記は、手書きでノートに書いていたか、日記ソフトに書いてプリントアウトしていた。

タッチタイピングが速くなって、特打ってソフトでは、1級である。

タッチタイピングが速くなったのは、ソフトで遊んでいた事が大きい。

あと、メールを書いたり、それと、チャットをしてたのも大きい。

とにかく、タッチタイピングを活かして、日記を書こうと思い立ったのだ。

それが、ココログのブログだった。

2年以上前に登録してあったからだ、忘れてたけど。

今、アクセス数は、一日最低250はいく。

ただ、表紙に対して続きを読むってので2回クリックするから、その半分だろう。

一日最低のべ125人は、俺の日記を読んでくれている。

双極性障害とか失業者という特殊性はあるが、ありがたい事だと思う。

大げさだけど、世の中に見捨てられてないなと思うんだ。

ただ、内容が私的な日記なんで、下にいろいろと付け加えてる。

オカリナを吹いて、へたくそな演奏を笑ってもらう。

俺が住んでるアパートの前の小さな公園から見える景色を見てもらう。

俺が大好きなビートルズの曲を見てもらう。

日記を読んでくれたサービスのつもりなんだけど、ささやかながら。

_

このブログを保存する時、Twitterにチェックを入れると、ツイートといて表示される。

だから、題名を、なるべく、ツイート風、つまり、つぶやきにしてるのだ。

それで、良くしたもんで、それが、facebookにも飛ぶ。

さらに、良くしたもんで、それが、mixiにも飛ぶ。

どこでも、友達が少ないもんで影響無いが、反応があると、うれしいものだ。

Twitterでは、本名をアルファベットで登録いている。

facebookでは、本名を漢字で登録し、顔写真も登録している。

昨日などは、若いころの俺をアップした。

_

Vagen

_

若いころに乗っていたフォルクス・ワーゲン、真っ黄色、カリフォルニア風Tバーバンパー。

これで、湘南を流しておりました。

facebookでは、もちろん、顔出しだ。

facebookって、本名顔出しの人が多くて、つられてしまった。

まあ、それはそれで良いと思っている。

_

Twitterについては、俺に、フォロワーが180人もついている。

頼んだ覚えは無いのだが、ついているのだ。

フォローされたら、フォローする事にしてるから、相互フォローになっている。

180人って、少ない方なのかもしれないが、俺は重く受け止めている。

だから、毎日夕方、連続して、いくつか、思っている事をツィートする事にしている。

過激な事も書くし、気が抜けた事も書く。

誹謗中傷やスケベな事は書かない。

それ以外の事を書く。

すると、そのツィートが、facebookやmixiにも飛ぶ。

おもしろい。

_

コミュニティ・サークルをひとつ持っている。

ココログのサービスだ。

名前は、「いそじなのだ」という。

50歳代対象に、立ち上げて、始めた。

でも、今は、40歳後半から60歳前半までは受け入れようと思っている。

今、メンバーは25名、男性11名、女性14名で構成されている。

ココログではリーダーと呼んでいるが、俺は、そこの管理人だ。

ココログの登録は無料だし、ココログを使っている人も含めて、どうですか?

入りませんか?

勧誘活動をしてしまった。

昨年12月末ぐらいから始めたが、だんだんメンバーの人となりがわかってきた。

コミュニティは、こうじゃなくてはいけない。

ほぼ、つぶやきで話し合う形だが、なかなか楽しいのだ。

ただ、俺は管理人なので、それなりのつまらない事もしなくてはならない。

でも、メンバーが楽しんでくれれば良いのだ。

それで、良いのだ。

_

Aisatsu2

_

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

_

オカリナを、もっぱら耳コピーで練習しています。

今日は、ビートルズの「ストロベリー・フィールズ・フォーエバー」を吹きました。

_

Strawberry Fields Forever
「strawberry.mp3」をダウンロード

Ocarina

_

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

_

毎朝の日課となった散歩。

6時過ぎぐらいの写真です。

ここは、長野県諏訪。

街外れの高台に建つアパートの前の小さな公園。

一周しながら、写真を撮りました。

_

クリックすると、拡大して、見る事ができます。

_

アパートを出た時、前の林からの木漏れ日。

C

_

八ヶ岳連峰と朝日

P1000006

_

南アルプス連峰

 

右側の白い山は鋸岳、左にちょっと頭を出してる白い山は甲斐駒ケ岳。

P1000004

_

南アルプス連峰、スキー場も、もうお終いかなあ。

P1000007

_

公園の桜の木。

D

_

桜の花のつぼみ、ちったあ、ほころんでるんかな。

P1

_

つぼみを撮って、振り返ったら、枝の形がおもしろいので撮った。

F

P4

_

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

_

ここでは、俺が大好きなビートルズの曲を紹介します。

また、そのカバー曲も、合わせて紹介します。

今日取り上げる曲は、「ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード」です。

アルバム「レット・イット・ビー」に収録されました。

カバーしたのは、オリビア・ニュートン-ジョンです。

イギリス生まれ、オーストラリア育ちの歌手です。

「オリビアを聴きながら」って曲を聴いた事がないでしょうか。

尾崎亜美さん作詞作曲で、ご自分でも、もちろん歌われています。

でも、杏里の歌で、ヒットしましたね。

この「オリビア」が、オリビア・ニュートン-ジョンの事なんです。

_

THE BEATLES
The Long And Winding Road

_

OLIVIA NEWTON-JOHN
The Long And Winding Road

_

ついでに、オリビアの曲で、俺が大好きな曲、「カントリー・ロード(故郷に帰りたい)」を。

_

OLIVIA NEWTON-JOHN
Take Me Home, Country Roads

_

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

_

ぽちっと、応援クリック、お願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
_

« 俺は、躁うつ病ですが、先日処方してもらった新薬は、良い感じです。 | トップページ | 年齢的な事を始め、いろいろな意味で就職が厳しいですが、俺は、ぜったいにあきらめません。 »

コメント

カントリーロードといったら、「耳をすませば」とか。
ジョン・デンバーは、歌手としてはあまり好きじゃないというか、関心なかったんですが、この曲はいろんな人が歌ってますね。オリビア、これとか、Long and・・とか歌ってたなんてしらなかったです。あ、この人の歌ってほとんど知らないや。

みのちゃん、薬とアルコールはこわいですよ。2本って多すぎたんですね。まあ、何も事故がなかったみたいだし、限度がわかってよかったかもしれないですね。

これから花見とかもあって、日本は飲む機会がありますよね。気をつけてくださいましー。

カナダは公共の場での飲酒がご法度。屋外のパーティでは酒抜き。花見も同じです。ヨーロッパはピクニックの昼食でもワイン飲めるのにね。

ところで、私もミクシイもフェイスブックもTwitterもあるけど、連動してないです。先日の糸車の記事なんて、きちんとアップされなかったのでは、と思ったくらい誰も来なかった(笑)でもまあ、自分用の記録とわりきって、のんびりいきます。ミクシイでは糸車見た人が、これはミシン?って。FBではおとぎ話みたい、だって。日本の生活からはかけ離れたもののようでした。

まんなちゃん、コメント、ありがとう。
そうそう、実は、「耳をすませば」のカントリーロードも動画を貼ろうと思ったんだけど、さすがに、著作権がやばいと思ってやめたの。古いのは、なんとなく安心なんだけど、新しいのは、ちょっとね。

カナダじゃ、野外は禁酒ですか・・・よっぽど、酒乱の人がいたって事だね。おもしろい話だなあ。

俺は、本文で書いたとおり、連動してるけど、友達が少ないから、あまり得してないです。
友達を増やす活動をすれば良いんだけど、めんどくさいし、サークルの方をちゃんとしたいからね。
ただ、ツィッターだけは、フォロワーが181人いるし、ブログを読んで気に入ると、リツイートしてくれるから、その分は読者が増えているような気がします。
リツイートすると、その人のフォロワーの人数が目にするからね。
ファイすブックは、タイムラインに出てくるけど、あっという間に下に下がっていってしまうから、あまり効果はないな。

みのさん こんばんは

みのさんのブログはいつも、あのころの自分は、、、と懐古させてくれます。
今日のはすごい名曲中の名曲ぞろいですね。
The long and winding road はクラシックぽいところがいいですね。
Country roads も大好きでした。
特に
And driving down the road I get a feeling that I should’ve been home yesterday yesterday のところが歌いにくくて、ジョン、デンバーとオリビアのを何度も聴き比べて、結局のところオリビアの節回しのほうが乗りやすかったとか。いろいろ思い出します。

フォルクスワーゲンのビートルは私が生まれて初めて運転した車です。それは3歳の時のことでした。近所のおじさんが新車を買ったことを自慢したくて、わたしを膝の上に乗せ、ハンドルを握らせ、近所を一周させてくれました。
私はあまりもの恐怖のために、ウンチをもらしました。せっかくの新車なのに、おじさんにはいまだに済まないと思っています。
これが私の一番古い記憶です。

エンリコさん、コメント、ありがとう。
エンリコさん、すごい、歌詞が出てきた。
唄ってたんですねえ、すごいや。
俺は、ビートルズの曲は唄いますが、
そのほかの曲は聴くのみです。

ワーゲンのほろ苦い思い出も、
楽しく読ませていただきました。
おじさんは、仕方が無いと思ってますよ。
自分が怖い思いをさせたんですからね。

村田英雄の「夫婦春秋」とゆう歌を思い出しました。奥さんを大事にされて下さい。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136516/54429011

この記事へのトラックバック一覧です: たぶん新薬のせいで、ビールを飲んだら、酩酊状態になりました。:

« 俺は、躁うつ病ですが、先日処方してもらった新薬は、良い感じです。 | トップページ | 年齢的な事を始め、いろいろな意味で就職が厳しいですが、俺は、ぜったいにあきらめません。 »