アクセスカウンタ

Google Page Rank


ABOUT ME

  • 浅草出身、現在、長野県諏訪在住。かみさんと二人で、ほそぼそと暮らしています。

« ブログのテンプレートを替えました。 | トップページ | 青年の木の子供が、よく育っています。 »

2012年9月16日 (日曜日)

NHKから、躁うつ病について、取材の申し込みがありました。

先月初頭、NHKの方から、メールが来た。

「うつ病と躁うつ病を知る」というイベントを、

演出している方だという事だった。

このブログを読んでくれたようで、

しかも、ずいぶんさかのぼりながら、

読んでくれたようだった。

メールの要件は、取材の申し込みだった。

俺は、双極性障害(躁うつ病)のラピッド・サイクラー、

それでも、かみさんと寄り添って、アパート暮らし。

そういった所を取材したいらしかった。

二日後、近くに行く用があるので、

アパートに行きたいという申し込みだった。

俺は、悩み、尻ごみをした。

たった二日で、取材を受けるという結論は出せなかった。

ちゃんと、自分について、説明できる自信がなかった。

自分でも、わけがわからず、

躁病期とか、うつ病期を繰り返しているのだから。

時には、とても苦しく、でも、それも説明できない。

説明できない事だらけだ。

それと、当時、うつ病期で、

あまり他人と話したくなかったという事がある。

従って、丁重にお断りする由、メールで返信した。

今だったら、ほいほい受けたと思う。

なにせ躁病期なのだから。

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

しかし、なんだかな。

ブログの力を感じる。

NHKの人が読んでたりするもの。

以前、Hi-8のビデオを再生するデッキが無く、

撮りためた思い出のシーンを観る事ができない、

と、書いた事がある。

そしたら、Hi-8カメラとDVDデッキを貸してくれる、

そういう方からメールが来て、

おどろいた事がある。

その方も、ブログを読んでくれていた方だ。

そして、実際に、うちまで来てくれて、

貸してくれた。

感謝に絶えなかった。

おかげで、思い出のHi-8ビデオは、

全てDVD化した。

俺のブログを、

どんな人が読んでいるんだろう?

アクセス数が少ないブログだけど、

その中でも、どんな人が?

考えるだに、楽しくなる。

« ブログのテンプレートを替えました。 | トップページ | 青年の木の子供が、よく育っています。 »

コメント

みのちゃん、これって面白いお話ですね。
しかも今だったら取材を受けて
テレビでみのちゃんを見ることが出来たのにね。
ま、その意味でちょっと残念^^;;

私もNHKとか民放から連絡を受けたことが数回ありました。
ちょっと珍しい植物を育てているから
それをネットで検索すると
わたしのHPがけっこうヒットするみたい。

しかしやっぱり残念だな。
テレビでみのちゃんを見たかったな~~!

こごさん、コメント、ありがとう。
テレビにうつることは考えてなかった。
お見せできるような顔じゃ無いので、
断って正解だったかも。
でも、こごさんには、見せてもよかったな。
いつか、お茶でもしましょう。

NHKからの取材ですか。凄いですね。
自分も地元の民放TVから取材されたことがあるけど、自分の映っている映像を見るのはいやですね。
家族からは冷やかされるし・・・・・。
それにしてもブログの存在って本当に大きいね。
あらためて痛感しました。

やまちゃん、コメント、ありがとう。
ほんとですね、
ブログって大きい。
誰が読んでくれてるのか、
わからないけど、
更新していれば、
楽しい反応がありますね。

うわぁ、すごいですね。
見てる人は見てるというか、
でも、目にとまるだけのものが
あるからですよね。

ボクもNHKからメールが来るまで
頑張ります。(笑)

初めまして(^_^)

取材依頼なんてあるんですね。

ウツ症状がヒドい時は、どうしても対面するのも億劫ですもんね。

私も同じ双極性障害ですが、少しでも多くの人に理解してもらいたい気持ちがあります。

取材の依頼がきたら受けたいですね☆

うさぎさん、コメント、ありがとう。
ブログ、誰が読んでるかわかりませんね。
ちゃんとしなきゃって思いました。

スコッティさん、コメント、ありがとう。
うつの下がり始める頃だったんですけどね、
億劫に感じた事は確かです。
多くの人に理解してもらいたいってのは、ありますが、
なった本人しか、わからないかもしれませんね。

NHKからの取材申し込みがあったのですね。
そう・・うつは、とにかく人と接するのが嫌になりますね。
そして、すべてに自信がなくなる・・・私の場合。
だから、断った気持はとてもよくわかります。
でも、もしかしたらその後もブログを見ていて
再度連絡があるかもしれませんよ。

ゆりあさん、コメント、ありがとう。
そうですね、人と接するのが億劫になります。
それが、かみさんでさえです。
でも、うちのかみさんは、
それにかまわず、にぎやかに放してくれるので、
助かっています。

こんにちは。
断って正解だと思いました。
今のTVマンって、にぎやかしいいだけ、にぎやかして、終わり。
のような気がします。
なんら継続性もなく、展望もない気がします。
政治力、企業力に弱く、報道の自由=彼らの自由に徹してます。
NHKでさえ、民法に迎合してるようで。
NHKらしくしてほしいのに・・・
こんなこと書いてすみません。この決断は○です。

前回、NHKが躁ウツ病についてほうそうした時、出演された「みかん」さんから頂いたコメントです。
NHKの放送内容に疑問をもちましたが、私の持った疑問は当たっていましたね。

出演しましたみかんと申します。 この場を借りて、番組では放映されなかった事柄、皆さんの疑問、ご意見になるべくお答えできればと思います。 ・わたしの躁の症状は浪費だけではありませんでしたが、代表的な、分かりやすい症状として紹介されました。 ・重症だった時期の話、扱いづらい話題は、削除されています。 ・現在は就労していますが、あくまで「今」であって、いつまで続くか不確定です。働いていなかった時期の方がずっと長いです。 ・体重増加、食欲増進は長く悩みました。番組収録時は、仕事のストレスで細めですが、一時的なものです。今は・・・です。 番組の放映によって、病気の認知度が上がるのは嬉しいです。ただ、適切な治療をすれば目に見えて回復する、と受け取られるのは、本意ではありません。 エピソードを簡潔にまとめると、分かりやすい反面、事実との食い違いや誤解が生まれます。深く掘り下げると、中身が濃くなる分、範囲は狭まります。 今回は、前者に重きを置いて作られたように思います。今後の、様々な角度からの番組づくりを、期待しています。 このたびは、番組をブログで取り上げていただき、ありがとうございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136516/55670956

この記事へのトラックバック一覧です: NHKから、躁うつ病について、取材の申し込みがありました。:

» うつ病 最新情報 - 知識陣 (健康 医療) [知識陣 健康]
うつ病 に関する最新情報 [続きを読む]

« ブログのテンプレートを替えました。 | トップページ | 青年の木の子供が、よく育っています。 »